スポンサーリンク

「shop」と「store」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「shop」と「store」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「shop」「store」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「shop」とは?

「shop」「ショップ」と読みます。

意味は「特定の商品を販売する小売店のこと」です。

「shop」は日本語にもなっていて、ある商品を中心にサービスを展開している小売店のことを言います。

例えば“coffee shop”(コーヒーショップ)」“photo shop”(写真屋)」“pet shop”(ペットショップ)」“flower shop”(花屋)」などがあります。

特定の商品を売る一方で、その商品を加工したり、作ったりするなど、ワークショップを持っているお店に対して使われます。

“bicycle shop”(自転車屋)」ならば自転車の販売・修理などをしていたり、“cake shop”(ケーキ屋)」の場合はケーキを作るお店です。

「store」とは?

「store」「すとあ」と読みます。

意味は、「様々な種類の商品を販売する大規模な店舗のこと」です。

「store」も日本語になっていて、スーパーマーケットの店名が「〇〇ストア」となっているところもあります。

コンビニや量販店、スーパーなどは「ストア」になり、仕入れた商品を販売するのみのお店です。

“grocery store”(食料品店)」“department store”(デパート)」“convenience store”(コンビニ)」などがあります。

「shop」と「store」の違い!

「shop」「特定の商品を販売する小売店のこと」です。

「store」「様々な種類の商品を販売する大規模な店舗のこと」です。

まとめ

今回は「shop」「store」の違いをお伝えしました。

「shopは特定の商品を売る」「storeは様々な商品を売る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典