スポンサーリンク

「Yahoo砲」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Yahoo砲」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「Yahoo砲」の意味を分かりやすく説明していきます。

トレンドの言葉を、短時間で学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「Yahoo砲」とは?意味

「Yahoo砲(やふーほう)」とは、ヤフーニュースに掲載されたサイトに、アクセスが集中すること。

PV数がいきなり伸びること、集中しすぎるあまりサイトがダウンすることです。

まるで砲弾のように突然やって来るので「Yahoo砲」と呼ばれています。

「文春砲」をもじった、おもしろい言葉です。

そもそも「Yahoo砲」「Yahoo」とは「Yahoo!JAPAN」のニュースサイトです。

こちらのサイトのアクセス数は、1日あたり10億回になります。

日本の人口になおすと、おおよそ1人の国民が1日に10回は見ている計算になります。

「Yahoo!JAPAN」には「ココがポイント」「出典」と書かれた関連サイトの表示機能があります。

ここにリンクがはられると、多くのユーザーがリンク先に流れていきます。

つまりヤフーに紹介されて、アクセス数がのびる現象が「Yahoo砲」です。

「Yahoo砲」の概要

「Yahoo砲」には、メリットとデメリットがあります。

「Yahoo砲」が飛んできて、嬉しい思いをした人もいれば、後処理に追われた微妙な人もいます。

嬉しいパターンはヤフーに掲載されて、PV数が一気にあがったサイト関係者です。

たくさんのユーザーが遊びに来てくれて、サイトも盛り上がっていきます。

反対にてんやわんやなのが、サーバーが落ちてしまったサイト関係者です。

かつて無いくらいサイトの訪問者が増えるので、表示が遅くなります。

場合によってはサーバーが限界に達して、ダウンすることもあります。

こうなると既存のユーザーからクレームが来てしまうため、システム関係者としては頭が痛い問題になります。

最近ではいつヤフーに掲載されてもいいように、サーバーの台数やプログラマーの増員にとりくむ企業も増えてきています。

嬉しく悲しいのが「Yahoo砲」です。

「Yahoo砲」の言葉の使い方や使われ方

「Yahoo砲」はこのように使われています。

・『Yahoo砲がやって来た!PV数がグイグイのびています。<うれしい悲鳴です』
・『Yahoo砲でサイトがダウンしたみたい。繋がらないよ』
・『Yahoo砲を、何とか乗り切れた。忙しい月曜でした』
「Yahoo砲」はヤフーに掲載されて、アクセスが集中すること。

またはサーバーが重くなり、ダウンする現象です。

ネットを作っている人、ネットをよく利用している人が使います。

「Yahoo砲」の類語や言いかえ

「Yahoo砲」の類語には、次のようなフレーズもあります。

・ヤフトピ砲
・グノシー砲
・グーグル砲
・スマニュー砲
ヤフトピとは「Yahoo!JAPAN」の主要トピックスに掲載された記事のこと。

そのほか掲載されるニュースサイトによって「砲」の前につく名前が変わっています。

「スマニュー」とは、スマートニュースを示しています。

まとめ

「Yahoo砲」の意味と使い方をおさらいしました。

「Yahoo砲」とは「Yahoo!JAPAN」にリンクがはられ、ユーザーの注目を集めること。

サイトの閲覧数がのびたり、注文依頼が増えたりする嬉しい作用をあらわしています。

ビジネスに役立てていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典