スポンサーリンク

アパートにおける「管理会社」と「大家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アパートにおける「管理会社」と「大家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、アパートにおける「管理会社」「大家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

アパートにおける「管理会社」とは?

一般的に「大家」一人で、アパートの維持管理を行うことは難しく、専門家である「管理会社」に委託している場合がほとんどです。

「大家」からアパートの維持管理を委託された「管理会社」では、様々な業務を行っています。

「管理会社」が行う主な業務内容は、アパート全体の建物点検、アパートの廊下などの共用スペースの清掃、電球交換など。

家賃の集金、退去する際の立ち合い、入居者退去後の原状回復工事への手配、入居者などのクレーム対応などとなります。

このようなことからわかるように、アパートにおける「管理会社」の仕事は、入居者において、非常に重要なものとなり、アパート内で何か困ったことがあれば、まずは、「管理会社」に相談するものとなります。

アパートにおける「大家」とは?

アパートにおける「大家」とは、そのアパートの家主を意味し、そのアパートの持ち主を意味します。

アパートにおける「大家」の場合、小規模なアパートなら「大家」自身でアパートの維持管理を行っている場合あります。

また、なかには、アパートの一室が「大家」の部屋となっていることもあり、非常に身近な存在である場合もあります。

その一方、アパートでも、すべて、アパートの維持管理は、「管理会社」に任せ、「大家」はあくまでも、そのアパートの所有者であるのみといった場合もあります。

アパートにおける「管理会社」と「大家」の違い

「大家」は、アパートの持ち主であり、そのアパートのオーナーとなります。

「大家」の中には、アパートを所有するだけで、面倒な維持管理は「管理会社」に丸投げしている人と自分ですべての維持管理を行っている人に分かれています。

そして、「大家」から維持管理を任されているのが「管理会社」なのです。

アパートの維持管理が「管理会社」となる場合、アパート内でのトラブルや共有スペースに対する苦情、修理など全般は「管理会社」に連絡するものとなります。

「管理会社」に相談すれば、何かしらの対応をしてもらうことができます。

そのうえで、どうしても、折り合いが付かない場合は、最終手段として、「大家」に連絡します。

「大家」「管理会社」の雇い主です。

そんな「大家」に連絡することで、適切な対応を取ってもらうことが可能となります。

まとめ

以上が「管理会社」「大家」の違いです。

多くのアパートでは、維持管理を「大家」「管理会社」に委託しています。

そのため、アパートに暮らしている人の中には、「管理会社」はわかるものの「大家」のことは全く知らないといった人もいます。

実際には、さほど、関係することがない「大家」

実際にアパートに暮らす中で、より快適に暮らすためには、どれだけ「管理会社」がしっかりしているかといったことの方が大切だと言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典