エンジンの「空冷」と「水冷」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「空冷」と「水冷」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、エンジンの「空冷」「水冷」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「空冷」とは?

「空冷」の意味と概要について紹介します。

「空冷」の意味

「空冷」「くうれい」と読みます。

意味は、「エンジンが発した熱を、外気を取り込んで冷却させる方式のこと」です。

「空冷」の概要

「空冷」は、「空冷式エンジン」とも呼ばれ、走行中にエンジンが熱を発した時に、外気を直接取り込んで冷却させる方式のことを言います。

「空冷」には「自然空冷」「強制空冷」の2種類があり、「自然空冷」は走行中起きる風を利用してエンジンの熱を取る方式、「強制空冷」はファンなどを回して機械的にエンジンの熱を取る方式です。

「空冷」は、シンプルである分コストが安く、メンテナンスがし易いというメリットがある反面、「水冷式」より冷却力に劣るというデメリットがあります。

「水冷」とは?

「水冷」の意味と概要について紹介します。

「水冷」の意味

「水冷」「すいれい」と読みます。

意味は「エンジンが発した熱を、水を循環させて冷却させる方式のこと」です。

「水冷」の概要

「水冷」「水冷式エンジン」とも呼ばれ、エンジン内部に水を循環させて、走行中に発した熱を奪って冷却させる方式のことを言います。

現在製造されている自動車はほぼ全て「水冷」となっています。

一度エンジン内を循環して熱を帯びた水は、ラジエーターで空気冷却されます。

「水冷」「空冷」よりも冷却力が高く、エンジン部分を小さく出来るというメリットがある反面、構造が複雑でコストが高くなると言うデメリットがあります。

エンジンの「空冷」と「水冷」の違い!

「空冷」「エンジンの熱を、外気を取り込んで冷却させる方式のこと」です。

「水冷」「エンジンの熱を、水を循環させて冷却させる方式のこと」です。

まとめ

今回はエンジンの「空冷」「水冷」の違いをお伝えしました。

「空冷は外気で冷却」「水冷は水で冷却」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典