カップル「倦怠期」と「停滞期」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「倦怠期」と「停滞期」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、 カップル「倦怠期」「停滞期」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「倦怠期」とは?

「倦怠期」とはカップルがお互い相手に飽きて嫌になる時期のことを言います。

「倦怠期」「倦怠」とは飽きて嫌になる、心身が疲れてだるいといった意味がある言葉です。

「倦怠期」の場合は前者の意味、飽きて嫌になるという意味ですので注意してください。

仲が良いカップルであっても「倦怠期」はあります。

それを上手く乗り超えて信頼感を強めることができる二人は長続きします。

一方「倦怠期」から破局へと向かってしまうカップルもあります。

「停滞期」とは?

「停滞期」とは、先へ進まない、物事が上手くいかない、そのような時期のことを言います。

カップルにおいての「停滞期」とは、例えば恋愛関係から結婚へ発展しない時期、結婚の話はあるものの具体的な行動がとれない時期、相手との関係性に進展がない時期といったものが「停滞期」と言えるでしょう。

「停滞期」と自覚して静かに時が過ぎ好転するのを待つか、不満を持ちながら耐えるか、見切りをつけて別れるか、判断は人それぞれになります。

「倦怠期」と「停滞期」の違い!

「倦怠期」「停滞期」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも付き合っていれば起こる可能性があることという共通点はあります。

ですが、意味や対処方法が違いますので混同しないように気をつけてください。

「倦怠期」とは男女が互いに飽きて嫌になる時期のことを言います。

付き合って数か月後、数年後といつ起こるかは人によって違います。

付き合いが安定したことに甘えが出て相手に気遣いが足りなくなる、悪い面が見えてくる、といったことが「倦怠期」を引き起こしてしまいます。

お互いが努力をすれば「倦怠期」から抜け出すことはできます。

「停滞期」とは付き合いにおいて物事が発展しない時期のことを言います。

いい方向へ進まない、思い通りにならないといった時期のことです。

「停滞期」は時が解決する問題もありますし、本人の心がけで変わることもあります。

「倦怠期」と違って「停滞期」は時が過ぎるのを待たなければどうしようもない問題なども含んでいますので、じっと辛抱することも必要となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「倦怠期」「停滞期」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらもカップルに訪れる可能性があるものですが、努力で何とかなること、時が過ぎるのを待つ必要があることなど対処方法が違います。

どのような状況なのか冷静に見極めて感情任せにならないことが大事でしょう。

言葉の意味を正しく理解し、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典