サクラの「見頃」と「満開」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見頃」と「満開」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、サクラの「見頃」「満開」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

サクラの「見頃」とは?

サクラの「見頃(みごろ)」とは、「サクラの花を観賞するのにちょうど良い時期(頃合い)」のことを意味している表現です。

「見頃」という言葉は、「その地域のサクラの花が満開に近くなっている状態で、花見をするのに適している頃合い」のことを意味しているのです。

サクラの「満開」とは?

サクラの「満開(まんかい)」とは、「気象台の生物季節観測に基づいて確認されているサクラ(ソメイヨシノ)の開花状況の一つ」のことです。

「満開」という用語は、「日本各地で選定されている一本のサクラ(ソメイヨシノ)の標本木についている花芽のうち、約80%以上が咲いている状態」を意味しているのです。

サクラの「満開」というのは、「サクラの花がもっとも華やかに咲き誇っている状態」であるため、必然的に「サクラの花見に適している時期=サクラの見頃」にもなっているのです。

サクラの「見頃」と「満開」の違い!

サクラの「見頃」「満開」の違いを、分かりやすく解説します。

サクラの「見頃」「満開」「サクラの花見に関連する用語」として類似していますが、「見頃」という言葉は「サクラの花見をするのにちょうど良い時期」を意味していて、「満開」のほうは「サクラの花芽の大半が咲いている開花状態(サクラの花見にも適している状態)」を意味している違いがあります。

サクラの「見頃」「日本列島の中でも暖かい南ほど一般に早くなり、北ほど遅くなる傾向」がありますが、「満開」「各地で選定されている一本のソメイヨシノの標本木の花芽のうち、80%以上が咲いている状態」を意味している違いも指摘できます。

まとめ

サクラの「見頃」「満開」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「見頃」とは「サクラの花を見るのにちょうど良い時期(頃合い)・サクラの花が満開に近くなっていて花見をするのに適している頃合」を意味していて、「満開」とは「各地で選定されているサクラ(ソメイヨシノ)の標本木についている花芽の80%以上の花が咲いた状態」を意味している違いがあります。

サクラの「見頃」「満開」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典