スポンサーリンク

ノートの「A罫」と「B罫」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「A罫」と「B罫」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ノートの「A罫」「B罫」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「A罫」とは?

ノートの「A罫(えーけい)」とは、「大学ノート・ルーズリーフなどで、7mm間隔で横に引かれた一般的な罫線(けいせん)」のことを意味しています。

ノートの「A罫」は大学ノートやルーズリーフにおいて最も一般的な横罫線の間隔とされるため、「普通横罫(ふつうよこけい)」と呼ばれることもあります。

大学ノート・ルーズリーフの罫線の種類には一般的な「A罫(7mm間隔)・B罫(6mm間隔)」以外にも、5mm間隔の「C罫」、8mm間隔の「U罫」、10mm間隔の「UL罫」といったやや珍しい罫線の間隔のものもあります。

「B罫」とは?

ノートの「B罫(びーけい)」とは、「大学ノート・ルーズリーフなどで、6mm間隔で横に引かれた多目的な罫線(けいせん)」のことを意味しています。

ノートの「B罫」は、大学ノート・ルーズリーフにただ文字・数字・アルファベットを書くだけではない「多目的な利用」を想定してつくられています。

横罫線において6mm間隔になっている「B罫」は、「中横罫(ちゅうよこけい)」と呼ばれることもあります。

ノートの「A罫」と「B罫」の違い!

ノートの「A罫」「B罫」の違いを、分かりやすく解説します。

ノートの「A罫」「B罫」はどちらも「大学ノート・ルーズリーフの紙面に横に引かれた罫線」を意味していますが、「A罫」というのは「7mm間隔で横に引かれた一般的な罫線」のことを示しています。

「A罫」に対して「B罫」のほうは、「6mm間隔で横に引かれたA罫よりも間隔が狭い罫線」のことを意味している違いを指摘することができます。

ノートの「A罫」「ノート類において一般的な間隔の罫線(7mm間隔)」を指していて、「B罫」のほうは「多目的な用途を想定しているやや狭い間隔の罫線(6mm間隔)」を指している違いがあるのです。

また「A罫」の別名は「普通横罫」といいますが、「B罫」の別名は「中横罫」という違いもあります。

まとめ

ノートの「A罫」「B罫」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「A罫」とは「大学ノート・ルーズリーフなどで、7mm間隔で横に引かれた一般的な罫線」を意味していて、「B罫」「大学ノート・ルーズリーフなどで、6mm間隔で横に引かれた多目的な罫線」を意味している違いがあります。

「A罫」「B罫」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典