スポンサーリンク

プロトタイプガンダム「RX-78-1」とガンダム「RX-78-2」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロトタイプガンダム「RX-78-1」とガンダム「RX-78-2」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、プロトタイプガンダム「RX-78-1」とガンダム「RX-78-2」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

プロトタイプガンダム「RX-78-1」とは?

「RX-78-1」は、地球連邦軍のモビルスーツ計画である、RX計画の第一案のモビルスーツです。

一号機は、黒と白の塗装を施されたマシンで、専用のビームライフルを持つためにRX-2と異なる形状をしています。

これは、ビームライフルの統一化がまだなされておらず、先行機として特別仕様でビームライフルを持たせるという仕組み上、腕の形状をザクと異なる形状にすべくと連邦の技術者が判断し2つの形状を持つ腕部を作成し、RXシリーズへと受け継いでいきました。

この初号機といえるモビルスーツは、ビームライフルを固定して正確に狙いを定めるために腕部にビームライフル固定枠が存在します。

なお、マニュピレーターにかなり汎用性があり、ビームライフルを主力としますが、落ちているザクマシンガンを使用することも可能な高い汎用性があり、RX-2にはザクマシンガンを使用するという仕組みは無いが、RX-1にはザクマシンガンを使用することが可能という戦場で武器調達を可能とした仕組みが採用されています。

ガンダム「RX-78-2」とは?

RX-78-1の次世代機として挙げられたのがこのRX-78-2になり、排熱用のスリットを廃止し、熱量の発生を抑えることに成功したのがこのモデルで、主兵装はビームライフルです。

反面に、多機能だった腕部マニュピレーターは廃止され、ザクマシンガンを使用することはできなくなり、連邦が作り上げた武器しか持てないという特性がこの2号機です。

プロトタイプガンダム「RX-78-1」とガンダム「RX-78-2」の違いの違い

「RX-78-1」「RX-78-2」の違いは、カラーリングが異なる点と、シリーズ一号機は、腕に固定する形でビームライフルを打ち出すという違いがあります。

2号機である「RX-78-2」は盾に固定する形でビームライフルの射出を安定させる方式です。

また、排熱の効率が良くなったのか、排熱スロットが無いのが「RX-78-2」で足の部分に廃熱用スロットがありません。

なお、武装の多彩さおよび、敵の武器を使用可能という面においては実は、初号機である「RX-78-1」のプロとガンダムの方が性能は上です。

まとめ

「RX-78-1」というプロトタイプのガンダムは、実はあまり詳しい資料という物が無く、白兵戦に特化したモビルスーツですが、敵の武器を奪い使用することに特化しているとされています。

その上で、問題点としては、早々に機動戦士ガンダムでは破壊されてしまったとされており、公式の記憶によるとアムロが登場した「RX-78-2」の代替え部品に置き換わるという苦い記録が存在しているのです。

その為、性能においては、ザクマシンガンでも倒せるのではないかと言われておりますが真相は不明で、なぜこうしたことが起きるかは、実のところ、ガンダムの設定がガバガバであるが故です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典