プロ野球の「戦力外通告」と「自由契約」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦力外通告」と「自由契約」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、プロ野球の「戦力外通告」「自由契約」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「戦力外通告」とは?

「戦力外通告(せんりょくがいつうこく)」とは、「チーム(支配下登録選手70人)の戦力に加えられないため、来年2月からの契約を継続できないと通告すること」を意味しています。

「戦力外通告」には、「一次通告(10月1日からシーズン終了翌日までの通告)」「二次通告(CS終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日まで)」があります。

「戦力外通告」を受けた選手は、「トライアウト・自由契約・現役引退」の選択を強いられます。

「自由契約」とは?

「自由契約(じゆうけいやく)」とは、「所属球団との契約が解除された後、他のどの球団とも契約交渉が可能な状態」を意味しています。

「自由契約」というのは、「戦力外通告を受けて所属球団との契約が切れた後、まだ現役を続けたい選手の契約先(次の球団)が見つかっていない状態」になります。

プロ野球の「戦力外通告」と「自由契約」の違い!

「戦力外通告」「自由契約」の違いを、分かりやすく解説します。

「戦力外通告」「自由契約」はどちらも「所属している球団との契約が継続されないこと」を意味していますが、「戦力外通告」とは「所属球団の戦力にならないので契約を続けないことを通告されること」を意味しています。

「戦力外通告」に対して「自由契約」というのは、「戦力外通告を受けた後に所属球団との契約が解除されて、他のどの球団とも交渉できる状態(まだ契約先が見つかっていない状態)」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

プロ野球の「戦力外通告」「自由契約」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「戦力外通告」とは「チームの戦力にならないことを理由に契約を継続できないと通告すること・第一次通告と第二次通告がある」を意味していて、「自由契約」「所属していた球団との契約が解除された後に、どの球団とも契約交渉ができる状態(戦力外通告後にまだ契約先がない状態)」を意味している違いがあります。

「戦力外通告」「自由契約」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典