スポンサーリンク

ヤンキー用語の「ポリにパクられる 」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ポリにパクられる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ポリにパクられる」とは?意味

「ポリにパクられる」とは、警察に捕まったというヤンキーが使用する用語の一つです。

この言葉は、られると記載があるように、対象となるものから何かをされることを意味します。

「ポリにパクられる」の概要

「ポリにパクられる」は、元々は警察という言葉をいかに格好よく言い換えるかということから生れた言葉です。

その為、警察を短く言い換えて馬鹿にする意味を込めてイヌッコロに取っ捕まるなどがツッパリというヤンキーの間で生み出されました。

ではなぜ、そのように言い換える必要があるかですが、それは警察という存在に迷惑をかけたことをあまり格好悪く聞こえないよう生み出されたのがこの「ポリにパクられる」という言葉なのです。

「ポリにパクられる」の言葉の使い方や使われ方

この言葉は、警察に連れていかれた人物に対して使用される言葉で、周囲の大人に迷惑をかけた人物に対してあまり格好悪い印象を与えないように生み出された言葉として使用します。

ですが、「ポリにパクられる」は、あまり警察という存在を馬鹿にしておらず、実は捕まるやつがダサいという意味で現在では使用されており、警察を馬鹿にする場合、「イヌッコロ」と呼んでイヌッコロにつかまるなどと言います。

「ポリにパクられる」の類語や言いかえ

「ポリにパクられる」の類語や言いかえですが、警察を馬鹿にするものと、捕まった身内であるヤンキーをもばかにする物言いがあります。

まず、警察を馬鹿にしない物言いは、「サツにパクられる」「サツにしょっ引かれる」があり、警察を馬鹿にする場合は、間抜けな警察という意味で「マッポ」に捕まるやパクられるといいます。

他にも、「イヌッコロ」と警察を馬鹿にする言葉も存在しており、それよりも間抜けなものは捕まったヤンキーの人物であるといういいかも存在しているのです。

まとめ

「ポリに捕まる」は元々は、警察という存在に捕まった人物に対し、格好よく身内が捕まったことを言い換えたのが始まりです。

ですが、ある時から、警察に捕まるのは実はダサい行為なのではないかという声が大きくなり、警察官を馬鹿にした言い回しをしたうえでその警察に捕まったものはもっとダサいという意味に変化したのです。

その為、現在では、「ポリ」という警察を格好よく言いまわす言い回しの他に、イヌッコロや国家権力の犬などの他、ワンワンなど警察を馬鹿にしたうえで警察官に捕まる人物は最もダサい存在であるという言い回しに変化しました。

いずれにしろ、「警察にご厄介になる」というのは、ヤンキーの間では格好の良いものではなく、むしろ実力がないが故捕まるわけで逃げ切ることが格好良いという美学がヤンキーにはあるため、生み出されたのがこの「ポリに捕まる」という言葉になり、実は社会的に迷惑をかけた行為についてはヤンキー側はあまり認識がないのか、罪の意識もないというのがこの言葉に現れており、「警察」と警察に捕まった「ヤンキー」の両者を馬鹿にすることしかしていないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典