スポンサーリンク

剣道の「打ち込み稽古」と「かかり稽古」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「打ち込み稽古」と「かかり稽古」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、剣道の「打ち込み稽古」「かかり稽古」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「打ち込み稽古」とは?

「打ち込み稽古(うちこみげいこ)」とは、「掛かり手(相手)に打つべき部位をあらかじめ示して、打突の長所を引き立ててあげる稽古」を意味しています。

「打ち込み稽古」というのは、「剣道における打突の基本的な技術や各部位の打ち方(面・胴・籠手)・打った感覚を習得するための稽古」になります。

「かかり稽古」とは?

「かかり稽古(かかりげいこ)」とは、「掛かり手(相手)の十分な打突は打たせるが、気勢・体勢が不十分な打突は打たせないようにする実戦的な稽古」を意味しています。

「かかり稽古」というのは、「実戦的な仕掛け・攻撃力を適切に引き出す稽古」「気力体力を高めながら、剣道における仕掛けのタイミング・技術を学べる稽古」なのです。

剣道の「打ち込み稽古」と「かかり稽古」の違い!

剣道の「打ち込み稽古」「かかり稽古」の違いを、分かりやすく解説します。

「打ち込み稽古」「かかり稽古」はどちらも「剣道で相手に打たせる稽古の種類」を意味していますが、「打ち込み稽古」とは「相手に打たせる部位を分かりやすく示す稽古」であり、「かかり稽古」「より実戦的で十分な気力・体勢の打突だけを打たせる稽古」であるという違いがあります。

「打ち込み稽古」「打突の基本技術を習得するための稽古」であり、「かかり稽古」「より実戦的な仕掛けのタイミングや方法・技術を学ぶための稽古」であるという違いも指摘できます。

まとめ

剣道の「打ち込み稽古」「かかり稽古」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「打ち込み稽古」とは「掛かり手に打つべき部位を示して、打突の長所を引き立てる稽古」「打突の基本的な技術を習得する稽古」を意味していて、「かかり稽古」「掛かり手の十分な打突は打たせるが、気勢・体勢が不十分な打突は打たせない稽古」「実戦的な攻撃力を引き出す稽古」を意味している違いがあります。

剣道の「打ち込み稽古」「かかり稽古」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典