太陽光発電の「家庭用」と「産業用」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家庭用」と「産業用」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、太陽光発電の「家庭用」「産業用」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家庭用」とは?

太陽光発電の「家庭用(かていよう)」とは、「ソーラーパネルを用いた太陽光発電システムの容量(出力)が10kW未満のもの」のことを意味しています。

太陽光発電の発電単位は「kW(キロワット)」と表記されるシステム容量ですが、10kW未満の「家庭用」では「余剰買取」が前提になります。

「余剰買取」とは、「太陽光発電で発電した電気をまず家庭で消費し、余った余剰分を一般の電力系統に流して買い取りしてもらう売電方法」のことです。

「産業用」とは?

太陽光発電の「産業用(さんぎょうよう)」とは、「ソーラーパネルを用いた太陽光発電システムの容量(出力)が10kW以上のもの」のことを意味しています。

10kW以上の「産業用」では、売電は「全量買取」が前提になっています。

「全量買取」というのは、「太陽光発電で発電した電気を自家消費することなく、すべて一般の電力系統に流して買い取りしてもらう売電方法」になります。

太陽光発電の「家庭用」と「産業用」の違い!

太陽光発電の「家庭用」「産業用」の違いを、分かりやすく解説します。

「家庭用」とは「ソーラーパネルを用いた太陽光発電システムの容量(出力)が10kW未満のもの」を意味していて、「産業用」のほうは「ソーラーパネルを使用する太陽光発電システムの容量(出力)が10kW以上のもの」を意味している違いがあります。

さらに「家庭用」の太陽光発電で発電した電力は、はじめに家庭(自分)で使用した後に、余った余剰分を売るという「余剰買取の売電」が前提になっています。

「家庭用」に対して「産業用」のほうは、太陽光発電で発電した電力を全部買い取ってもらう「全量買取の売電」が前提になっている違いを指摘できます。

まとめ

太陽光発電の「家庭用」「産業用」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「家庭用」とは「ソーラーパネルとインバーターを使った太陽光発電システムの容量(出力)が10kW未満のもの」を意味していて、「産業用」「ソーラーパネルとインバーターを使用する太陽光発電システムの容量(出力)が10kW以上のもの」を意味している違いがあります。

「家庭用」「産業用」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典