スポンサーリンク

恋愛における「本命」と「キープ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「本命」と「キープ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、恋愛における「本命」「キープ」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

恋愛における「本命」とは?

最初に恋愛における「本命」(ほんめい)の意味をご説明致します。

恋愛における「本命」とは、自分が相手を本気で好きなときや、望んでいる人を指しております。

結婚を前提としていることが多いでしょう。

恋愛における「キープ」とは?

次に恋愛における「キープ」の意味を取り上げてみましょう。

恋愛における「キープ」の方は、見た目や性格、年収や仕事が申し分ない相手ではあるが、もっといい相手が現れるかもしれないと考えられる場合に、連絡だけ取れるようにしておく相手のことです。

簡単に言うと、遊び相手と表現すると分かりやすいはずです。

恋愛における「本命」と「キープ」の違い

ここでは恋愛における「本命」「キープ」の違いを解説していきます。

「本命」とは、付き合ってみて、結婚なども視野に入れて考えられる相手のことを指しております。

また、恋愛における「キープ」の場合は、見た目や仕事や年収に対しては、満足しているが、まだ付き合うまでだと考えている人のことです。

これは、相手の細かい部分などが分からない場合や、もっといい相手が現れるかもしれないと考えられるときに「キープ」をする人が多いでしょう。

恋愛における「本命」と「キープ」の使い方の違い

続きましては、恋愛における「本命」「キープ」の使い方の違いを説明します。

「本命」を使う場合は、結婚が決まったときや、しばらく付き合ってみようと思える相手などがいるときに使います。

また、「キープ」の方は、付き合って間もないときや、知り合って間もないときに使います。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方

「彼は公務員なので、本命です。これからも付き合っていきたいです」

後者の使い方

「見た目は好みなのだけど、性格についてはまだ分からない部分があるので、とりあえずキープしておきたい」

恋愛における「本命」を使った例文

この項目においては、恋愛における「本命」を使った例文を書いていきます。

・『やはり本命の相手には、見返りなど期待せずに尽くしてしまう』

・『彼の本命になれるように、美意識を高めていきたい』

・『彼女の本命の男性になれるように、収入を増やしたいと考えています』

・『本命にする相手は、安心感があり、価値観が合う人です』

・『本命だった彼と結婚できて、今は幸せです』

恋愛における「キープ」を使った例文

最後は恋愛における「キープ」を使った例文を書きます。

・『キープしていたものの、性格が合わなかったので別れました』

・『とりあえず公務員は、キープしておこう』

・『キープされる職業は、公務員や実業家だ』

・『見た目がいい人はキープされることが多い』

・『キープから本命に変わって、結婚した人を知っている』

まとめ

まとめは、前者の「本命」の場合、自分が本当に心から好きな人で、結婚してもいいと思える相手のことです。

そして、後者の「キープ」の方は、見た目や仕事などが好みではあるが、まだ相手のことをよく知らない場合や、もっと上の相手が現れるかもしれないときに、使われる手段や言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典