スポンサーリンク

東横インの「ダブル」と「エコノミーダブル」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ダブル」と「エコノミーダブル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カップルや家族連れに人気の東横イン。

色々なプランがあるので部屋の予約をするとき、迷ってしまうことがあります。

この記事では、「ダブル」「エコノミーダブル」の違いを分かりやすく説明していきます。

小さな疑問を、今すぐ解決していきましょう。

スポンサーリンク

「ダブル」とは?

東横インの「ダブル」とは、クイーンサイズのベッドが1つ置かれたお部屋のこと。

公式サイトをチェックすると、ベッドの横幅は160センチ。

たっぷりゆとりのある設計になっています。

ちなみにアパホテルのダブルサイズのベッドは横幅140センチ。

ベッド幅が160センチもあるのは、高級ホテルでもなかなかお目にかかれないサイズです。

広々としたベッドサイズなので、例えばパパやママそして未就学のお子さん1人くらいなら快適に過ごせます。

カップル2人なら、尚のことゆったり。

おひとり様なら、さらにリラックスできます。

東横インでは1ベッドにお子さん1人までなら添い寝を認めているので、家族旅行にもおすすめです。

「エコノミーダブル」とは?

東横インの「エコノミーダブル」は、ダブルサイズのベッドが1つ置いてあるお部屋のこと。

気になるベッドの横幅は、140センチとなっています。

よくあるビジネスホテルのベッドと同じくらいのサイズ感です。

ちなみに東横インのシングルルームのベッド幅も140センチ。

シングルとダブルのベッド幅が同じのため注意しておきましょう。

エコノミーダブルのメリットは、コスパがいいこと。

1人あたりの料金はシングルやダブルルームより安くなっています。

ベッドがそれほど大きくないことを我慢すれば、かしこく宿泊できます。

部屋の広さよりも値段を重視したい方、コスパの良い部屋に泊まりたいカップルにもおすすめです。

「ダブル」と「エコノミーダブル」の違い

東横インの予約時にチェックしたい、「ダブル」「エコノミーダブル」の違いを、分かりやすく解説します。

・部屋の広さと、ベッドの大きさが変わる

東横インの「ダブル」「エコノミーダブル」の差は、部屋やベッドのクオリティです。

ダブルの方が、部屋は広くベッドも大きくなります。

そのため料金も割り増し価格になっています。

対してエコノミーダブルは、シングルルームと同じ規格。

部屋はこじんまり、ベッドもダブルに比べると約20センチ小さくなります。

ちなみにダブルとエコノミーダブルの料金の差は、立地場所によっても変わりますが1,000円前後です。

そのため部屋のクオリティを、最優先したいならダブルを。

値段を第一に考えたいならエコノミーダブルがおすすめです。

上手な使い分けをしていきましょう。

まとめ

東横インで人気の「ダブル」「エコノミーダブル」の違いをお伝えしました。

ダブルはクイーンサイズのベッドが1台あるお部屋。

エコノミーダブルはシングルサイズのベッドが1台あるお部屋です。

広い方がダブル、狭い方がエコノミーダブル。

高い方がダブル、安い方がエコノミーダブルとなります。

自分にあったプランを選択していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典