洗濯機の「ドライ」と「毛布」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ドライ」と「毛布」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、洗濯機の「ドライ」「毛布」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

洗濯機の「ドライ」とは?

洗濯機の「ドライ」の意味と概要について紹介します。

洗濯機の「ドライ」の意味

「ドライ」「洗濯機でデリケートな衣類を、やさしく洗うコースのこと」です。

洗濯機の「ドライ」の概要

「ドライ」「おしゃれ着コース」などとも呼ばれ、おしゃれ着や型崩れし易い衣類を、弱い水流や軽い脱水で、やさしく洗うコースのことを言います。

クリーニング屋の「ドライクリーニング」は、石油系溶剤やパークロロエチレンなどを使用して洗う方法であり、洗濯機の「ドライ」とは全く違います。

具体的にはニットやワンピース、制服、スーツなど本来はクリーニングに出したいデリケートな衣類や、型崩れし易い衣服に向いています。

これらの衣類を「標準コース」で洗濯すると、型崩れをしたり、縮んでしまうこともあります。

洗濯機の「毛布」とは?

洗濯機の「毛布」の意味と概要について紹介します。

洗濯機の「毛布」の意味

「毛布」は、「洗濯機でかさばるものを、ゆっくりと洗うコースのこと」です。

洗濯機の「毛布」の概要

「毛布」「大物洗いコース」などとも呼ばれ、寝具などのかさばる洗濯物を、多くの水で、時間をかけて洗うコースのことを言います。

洗濯槽の底には回転する羽根部分がありますが、この動きを抑えゆっくりと回転させて、多くの水使い、丁寧にしっかりと洗います。

具体的は毛布の他に、タオルケットやカーテン、ベッドパッドなどに向いています。

洗濯物によっては「洗濯ネット」が必要になることもあります。

洗濯機の「ドライ」と「毛布」の違い!

「ドライ」「洗濯機でデリケートな衣類を、やさしく洗うコースのこと」です。

「毛布」は「洗濯機でかさばるものを、ゆっくりと洗うコースのこと」です。

まとめ

今回は洗濯機の「ドライ」「毛布」の違いをお伝えしました。

「ドライはやさしく洗う」「毛布はゆっくり洗う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典