釣り用語の「リーダー」と「道糸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リーダー」と「道糸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、釣り用語の「リーダー」「道糸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リーダー」とは?

釣り用語の「リーダー」とは、「ルアー釣り(疑似餌を使用する釣り)をする際に、魚にルアーにつけた糸・釣り針を見えにくくするために、道糸の先に付け足す専用のライン」のことを意味しています。

「リーダー」というのは、「魚が食いついてくる部分(ルアーをつけた先端)に近い場所に付け足す専用ライン」のことなのです。

「リーダー」には「フロロカーボン・ナイロン・メタル」などの素材が使われますが、「根ズレ・瀬ズレに強くて切れにくいフロロカーボン製」のものが人気です。

「道糸」とは?

釣り用語の「道糸(みちいと)」とは、「釣りにおいて、釣り竿(ロッド)の先からハリス(鉤素)やリーダーをつなぐ部分にまで用いている糸」のことを意味しています。

「道糸」というのは、一般的に「釣り糸」と呼ばれているものであり、「ライン」と呼ばれることもあります。

「道糸」には「ナイロン(透明・柔らかくて切れやすい)・PE(不透明・柔軟性はないが切れにくい)」の素材がありますが、現在ではより切れにくいが不透明な(魚に糸が見えてしまう)「PE」を使っているため、道糸の先にリーダーやハリスを付け足すことが多くなったのです。

「リーダー」と「道糸」の違い!

釣り用語の「リーダー」「道糸」の違いを、分かりやすく解説します。

「リーダー」「道糸」もどちらも、「釣りをする時に使用する糸・釣り糸(ライン)」のことを意味していますが、それぞれの素材や使用する場所が異なっています。

「リーダー」という専用のラインは「ルアー釣り(疑似餌を使った釣り)」をする際に「道糸の先端」に付け足して使われますが、「道糸」というのは「釣り竿の先からハリス・リーダーをつなぐ場所にまで用いている糸・一般的な釣り糸」を意味している違いがあるのです。

「リーダー」の素材には「ナイロン・フロロカーボン・メタル」などが使われていますが、現在の主流の素材は「フロロカーボン」になっています。

「リーダー」に対して「道糸」の素材は「ナイロン・PE」などが使われていますが、現在人気なのは「PE」になっている違いも指摘できます。

まとめ

釣り用語の「リーダー」「道糸」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「リーダー」とは「ルアー釣りをする際に魚に食いつかせるところに近い部分につけるライン・道糸の先に付け足すライン」を意味していて、「道糸」「釣り竿(ロッド)の先からリーダーやハリスを結ぶ部分にまで使っている釣り糸(ライン)・PE素材の一般的な釣り糸」を意味している違いがあります。

釣り用語の「リーダー」「道糸」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典