スポンサーリンク

「厳正」と「厳格」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「厳正」と「厳格」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「厳正」「厳格」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「厳正」とは?

「厳正」とは、規準を厳しく守って公正に行うことや、そのさまを指す言葉です。

『厳正に処分する』や『厳正な抽選で当選者を決める』の様に使用されます。

前の例では、社内規則等に則て厳しく処分すると言う意味で、後者は公平性を厳しく担保して抽選すると言った意味です。

「厳正」の漢字を分解すると、「厳」は厳しくであり、「正」は正しくや公平である事を意味するもので、「正しさ」に重みがある言葉と言えるのです。

「厳格」とは?

「厳格」とは、規律や道徳にきびしく、不正や怠慢を許さないことや、そのさまを表す言葉です。

『式典は厳格に執り行われた』や『あそこの家庭では、子供のしつけを厳格にしている』のように使われます。

前者の事例では、従来の慣習に厳しく従って式典を挙行したと言った意味であり、後者の事例は、道徳に則て厳しくしつけを行っている意味を表現しているのです。

この「厳格」「格」は地位・身分・等級と言う意味や物事の仕方を意味する漢字です。

「格式」に通じる意味を持つ漢字なのです。

従って、「厳格」には規律や道徳等の既存の格式に対して厳しい事を意味すると言えるのです。

「厳正」と「厳格」の違い

「厳正」とは、規準を厳しく守って公正に行うことや、そのさまを指す言葉と辞書に記載されています。

一方の「厳格」とは、規律や道徳にきびしく、不正や怠慢を許さないことや、そのさまを意味する言葉と、辞書に記載があります。

この辞書の説明では、「厳正」「厳格」は共に、厳しくすると言う意味を持つ点は共通している事は理解できなすが、少し違いが分かりにくいと思われます。

「厳正」「厳格」の違いを端的に表現すれば、「厳正」は正しさに厳しくあるのに対し、「厳格」は格式や既存の規律や道徳に厳しい点が違うと言えるのです。

ちなみに、「厳正」「厳格」に似た言葉として「厳重」があります。

この「厳重」は、『厳重に警備する』と言ったように使われます。

「厳重」は重きに厳しいと言う意味であり、「重」で厳しい事を強調している言葉と言えます。

従って、「厳重」は非常に厳しくと言った意味で、何かに対してや、何かに従って厳しくと言うニュアンスは含まれていないのです。

まとめ

「厳正」とは、規準を厳しく守って公正に行うことや、そのさまを指す言葉であり、一方の「厳格」とは、規律や道徳にきびしく、不正や怠慢を許さないことを意味する言葉です。

2つの言葉は、厳しくすると言う意味を持つ点は共通していますが、「厳正」は正しさに厳しくあるのに対し、「厳格」は格式や既存の規律や道徳に厳しくすると言う点が違うと言えるのです。

ちなみに、2つの言葉に似た「厳重」は何かに対してや、何かに従って厳しくと言うニュアンスはなく、厳しくに「重」を重ねる事で、非常に厳しくと、厳しさを強調した熟語なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典