スポンサーリンク

「感情」と「情動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感情」と「情動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「感情」「情動」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「感情」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「感情」とは?

最初に「感情」の意味をご説明致します。

「感情」(かんじょう)とは、対象となる事柄に直面したときに、生じる気持ちを指しております。

「感情」の種類にも色々とあり、「好き」「嫌い」「悲しい」「恐怖」「怒り」などです。

「情動」とは?

次に「情動」の意味を解説していきます。

「情動」(じょうどう)の場合は、前者によって引き起こされる「怒り」「悲しみ」「喜び」「驚き」を指し、急激且つ一時的なものを指しております。

簡単にいうと、「情緒」になります。

「感情」と「情動」の違いとは?

ここでは「感情」「情動」の違いを取り上げてみましょう。

「感情」の場合は、生じている物事に対して、自分が抱く「喜び」「悲しみ」「嬉しい」「怒り」などの気持ちを指しております。

「情動」の方は、上によって引き起こされた様々な感情が、急激に一時的に熱くなることを表しているのです。

前者は気持ちを指し、後者は一時的な熱い気落ちを指しております。

「感情」と「情動」の使い方の違い

この項目においては、「感情」「情動」の使い方の違いを説明します。

「感情」を使うときは、目の前で起きていることに対して思う気持ちや、物や人に対する気持ちを表すときに使います。

また、「情動」を使うときは、前者によって引き起こされる様々な感情が、一時的ですが非常に熱くなるときに使うものです。

それぞれの使い方を見てみましょう。

前者の使い方
「感情的になる人もいるはずだ」
「感情がない人は、ある意味で怖い」
後者の使い方
「情動に駆られることもありました」
「情動で動いてしまう人間もいるのだ」

「感情」を使った例文

ここでは「感情」を使った例文を書いていきます。

・『好きだという感情を抑えるのは、非常に辛いものがあります』
・『職場では感情を抑える必要が、ある場面や求められるときもあるのです』
・『うちの母親はすぐに感情的になる人なので、やや面倒である』
・『自分の感情に訴えるほどの、歌詞だったのでこれを書いた作詞家は偉大だと思いました』
・『感情をむきだしにする人は、精神年齢が幼いのだろう』

「情動」を使った例文

最後の項目においては、「情動」を使った例文を書きます。

・『情動を抑えられずに、犯罪に手を出してしまった人もいるようです』
・『一時的な情動で、大切な決断するものではない』
・『情動が収まった後で、ゆっくりと考えてみる必要があると思う』
・『若いうちは情動のままに行動してしまう人もいるようです』
・『情動をコントロールしてこそ、一人前の大人でしょう』

まとめ

まとめとして「感情」とは、自分の目の前で起きている物事に対して、生じる気持ちです。

その気持ちの種類としては、「喜び」から「悲しみ」、果ては「怒り」「恐怖」など多岐に渡ります。

「情動」とは、前者の様々な気持ちを、一時的に熱くなることを指しているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典