スポンサーリンク

「素早い」と「素速い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「素早い」と「素速い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「素早い」「素速い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「素早い」とは?

「素早い」は、早さを表す言葉で物体の移動の時間を表す言葉です。

つまり、「素早い」は時間を対象にして、どう早いかを示すのです。

例を挙げますと、「素早い身支度」という言葉は準備時間が短いという時間を表しますが、これを「素速い身支度」とした場合、身支度の速度が単純に早いとするため、時間を表すことはではなくなります。

「素早い」の使い方

「素早い」という言葉の使い方ですが、何がどう時間が早く終えるかを示すために用います。

例を挙げますと、「素早い食事」とした場合、食事時間が早く終えるという意味になるのです。

一方で、「素速い食事」と記した場合、この場合は食事をとる速度がどうであるとなるため、この例の場合、食事をとる速度がは早いとなるのです。

「素速い」とは?

「素速い」は、速度を表す言葉で単純に身のこなしが早いさまです。

その為、「素速い身のこなし」という言葉があり、この言葉の意味は、身のこなしがとても速く無駄がないことを示します。

「素速い」の使い方

「素速い」は、速度がどうであるかを示す場合用いる言葉で、「素速い動き」など速度が速いということを述べるために使用します。

このとき、どう早いのかを示すことでさらに具体性が現れ、「瞬きする間に終える素速い動き」と記した場合、瞬きを終えるまにすべてが終わっているとなります。

「素早い」と「素速い」の違い

「素早い」は対象がどの程度時間をかけるかを示し、「素速い」は対象がどの程度速い速度であるかを示すため、両者の違いは時間と速度であるという違いです。

「素早い」の例文

・『素早い清掃作業だ』
この例は、清掃という行為に時間をかけることなく、掃除を終えているさまを表します。

「素早い」は時間がどうであるかであるため、この場合、「素早い」が当てはまります。

なお、「素速い清掃作業だ」とした場合、掃除をする速度がものすごく速いという意味になり若干意味合いが異なるのです。

「素速い」の例文

・『素速い動きで瞬きする間もない』
この例は、対象となる人物があまりにも機敏で瞬きをする暇もないというさまです。

「素速い」は速度を表す言葉なのでこれを、「素早い」とした場合、言葉が成立せず、その理由は、「素早い」は時間を示す言葉なのでこの例の場合、時間を示すことができないのです。

まとめ

「素早い」「素速い」の違いですが、時間を対象に言葉を形成するか、速度を中心に言葉を形成するかという違いがあります。

「素早い」は時間をもとに言葉を形成し、「素速い」は、速度を中心に言葉を作るため、「素早い動きで瞬きする間もない」という言葉は時間を示す言葉が入るスキがなく文章が成立しません。

一方、「素速い動き」とした場合、速度を表す言葉になり速度が入り込む余地がありますので文章が成立するのです。

この原則を守れば、「素早い」「素速い」を使いこなすことが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典