スポンサーリンク

「見捨てる」と「見限る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見捨てる」と「見限る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見捨てる」「見限る」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「見捨てる」の意味から取り上げてみましょう。

スポンサーリンク

「見捨てる」とは?

最初に「見捨てる」の意味をご説明致します。

「見捨てる」(みすてる)は、自分で確認しているものの、放っておくことです。

また、交流などを完全に絶ち、関係を持たないことになります。

「見限る」とは?

次に「見限る」の意味を解説していきます。

「見限る」(みかぎる)の場合は、自分たちの期待に値しないとして、見切りをつけることを指しております。

「見捨てる」と「見限る」の違いとは?

ここでは「見捨てる」「見限る」の違いを説明します。

「見捨てる」の場合は、困っている人などがいても、放っておくことです。

また、お世話などを辞めて、関係を持たないことを指します。

「見限る」の方は、改善の余地なしとして、切り捨てることを指しているのです。

「見捨てる」と「見限る」の使い方の違い

この項目においては、「見捨てる」「見限る」の使い方の違いを説明します。

「見捨てる」を使う場合は、自分がその状態や状況などを把握しているのにもかかわらず、放置することです。

その他には、世話することも辞め、話などをすることも辞めることなどを表すときに使います。

「見限る」の方は、改善の余地なしで、見込みもない場合に、見切りをつけることを指すときに使うものです。

「見捨てる」を使った例文

ここでは「見捨てる」を使った例文を書いていきます。

・『傷病兵を見捨てるのは、大変心苦しかった。今でも心の傷になっている』
・『老人を見捨てる社会構造は、間違っていると思います』
・『時には見捨てることも必要だ。自分の身を守る際には、致し方ないときもあります』
・『身内が見捨てるくらいなので、余程の人物なのだろう』
・『見捨てるときは親が年を取ったときだと思っています。親が嫌いなので仕方ないでしょう』

「見限る」を使った例文

最後の項目においては、「見限る」を使った例文を書きます。

・『取引先の社長がハッキリしない人なので、見限ることにしました』
・『見限るときは、こちらもそれなりに覚悟する必要があるでしょう』
・『学校の先生が見限るほどの不良だったが、今では会社の社長として活躍していると聞きました』
・『あまりにもひどい子供に育ってしまったので、更生の余地なしと判断して、見限ることに決めました』
・『見限る方も、本当は辛いものがありますが、お互いのためにはしょうがないときもあるのです。いつか分かり合える日がくることを願っております』

まとめ

まとめとして「見捨てる」とは、基本的に困っている人などがいることを分かっていながら、そのままにすることです。

世話などをするのを辞めて、連絡なども絶つことを指す際にも使います。

「見限る」の場合は、期待もできずに見込みが望めない場合に、諦めることです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典