スポンサーリンク

「特別休暇」と「有給休暇」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「特別休暇」と「有給休暇」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「特別休暇」「有給休暇」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「特別休暇」とは?

「特別休暇」とは、各々の会社独自で定めた休暇のことで、すべての会社で同じように支給される休みとは異なります。

知られている種類の休暇としては、弔事きや慶事などの慶弔休暇、業務の効率の低下を改善する目的のリフレッシュ休暇などのことです。

「有給休暇」とは?

「有給休暇」は、就職してから6か月以上経過すると発生する休暇のことです。

休んでも給与が発生する点が特徴です。

勤務年数が長くなるほど与えられる日数が増えます。

最大20日与えられることになっています。

また、「有給休暇」は労働基準法で定められているため、会社は休暇を消化させる義務があり、従業員には休む権利があります。

正社員だけではなく、パートやアルバイトでも条件を満たしていれば与えられる休暇です。

「特別休暇」と「有給休暇」の違い

「特別休暇」は福利厚生の一環なので、必ずしも会社として設定しなければならない休暇ではありません。

休暇日数が多いというのは働きとして大きな魅力となるため、就活で会社を選ぶ際の大きなポイントとなります。

一方の「有給休暇」は、会社として必ず設けなければならない制度です。

まとめ

休暇の取得は従業員に与えられた権利には違いありませんが、自己都合だけで取得するのは好ましくありません。

周囲の人と調整し、業務に支障が出ないようにするのはとても大切なマナーです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典