スポンサーリンク

「リアル」と「リアリティ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リアル」と「リアリティ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「リアル」「リアリティ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「リアル」とは?

「リアル」には、4つの意味があります。

1つめは、現実にぴったりとあっていることです。

2つめは、表現に対して使われる意味で、表現の仕方に現実感や切迫感があることです。

3つめは、オンラインゲームやSNSなど仮想世界に対して現実の世界という意味になります。

4つめは、リアルタイムの略です。

携帯電話やスマートフォンを使ってやり取りをするときに使われる意味です。

「リアル」の意味をまとめると、現実にあっている、現実的、今現在といったものになります。

「現実」、つまり今目の前のこととして起こっていること、そのように感じられることを意味しています。

「リアリティ」とは?

「リアリティ」には、現実感、真実性という意味があります。

現実感とは、実際に体験しているような感じのことです。

感じるには、感覚器官が受ける刺激や物事に接したときに感じること、そのものの雰囲気のことという意味があります。

つまり、「リアリティ」は、今現在に感じていること、そのような雰囲気のことを意味していることになります。

「リアル」と「リアリティ」の違い

「リアル」には複数の意味がありますが、どの意味にも「現実」という点が共通しています。

今現在のことや現実感のことを意味します。

「リアル」は名詞、または形容動詞です。

「リアリティ」「現実」という意味が含まれていて、そのように感じられることを意味しています。

「リアリティ」は名詞です。

「リアル」と違って感じられることに使われる言葉です。

まとめ

2つの言葉は似ていますが、使われる場面が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典