2019-09

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

「木で鼻を括る」とは?意味や類語!例文と解釈

「木で鼻を括る」とは? 「木で鼻を括る」には2つの意味があります。 1つ目は「もてなしが無愛想なこと」という意味です。 特に悪い態度ではないのですが、とにかく無愛想で「何か嫌なことでもあったのかな」とこちらが思って...
意味と使い方

「見解」とは?意味や使い方!例文や解釈

「見解」とは? 「見解」という表現は、「ある物事・問題・行為などについての見方・考え方・解釈」を意味しています。 「見解」というのは、「その人の知識・経験・情報に基づく物事の価値判断や意味の解釈」のことを意味している...
意味と使い方

「沽券にかかわる」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「沽券にかかわる」とは? 「沽券にかかわる」という慣用句の表現は、「その人の体面・評判・品位に差し障りがあること」や「プライド・矜持・自負心が傷つけられるさま」を意味しています。 「沽券にかかわる」の「沽券(こけん)...
スポンサーリンク
意味と使い方

「脇目も振らない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「脇目も振らない」とは? 「脇目も振らない」という言葉を知っているでしょうか。 「脇目も振らないで、仕事をする人」が会社の仲間にいるかもしれません。 一方で、「脇目も振らない」という言葉を、まるで知らない人もいるで...
意味と使い方

「論より証拠」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「論より証拠」とは? 「論より証拠」という言葉を知っているでしょうか。 弁護士が主演のドラマなどで、「論より証拠だ」というセリフを聞いたことがあるかもしれません。 一方で、「論より証拠」という言葉を、まるで知らない...
意味と使い方

「歴史は繰り返す」とは?!解説

「歴史は繰り返す」とは? 「歴史は繰り返す」とは、過去に起こったことは、巡り巡ってまたやってくるという意味で使います。 クルティウス・ルフスというローマの歴史家が唱えた言葉だと言われており、違う時代になっても似たよう...
意味と使い方

「理不尽な扱い」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「理不尽な扱い」とは? 理不尽な扱い、というのは理不尽に扱われるということであり、理にかなわないやり方で扱われる、道理に合わない考え方で扱われている、という意味になります。 理不尽という言葉には道理を尽くさない、道理...
意味と使い方

「目処が立つ」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「目処が立つ」とは? 「目処が立つ」とは「将来の見通しが立つこと」、あるいは「目的を達する見込みがつくこと」ということを意味している言葉です。 「目処がつく」という言い方がされることもあります。 「目...
意味と使い方

「満たされない」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「満たされない」とは?意味 「満たされない」というのは人の能力や評価などが一定の基準をクリアしていない、という意味になります。 あるいは、物足りないと感じる様子、という意味を持つこともあります。 「達していない」や...
意味と使い方

「物事の見通し」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「物事の見通し」とは? 「物事の見通し」の意味を解釈する前に「見通し」について、触れていく必要があります。 「見通し」とは、「遠くの方まで見えること」、「他人の本心や考えなどを見抜くこと」、「洞察」といった意味があり...
スポンサーリンク