LINEの「グループ」と「複数人トーク」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グループ」と「複数人トーク」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、LINEの「グループ」「複数人トーク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「グループ」とは?

LINEの「グループ」とは、「特定のメンバーを決めてグループを作成・招待してから、複数の友達とトークすることができる機能」のことを意味しています。

「グループ」「招待した相手がグループへの参加を承認」することによって使うことができる機能で、「複数の固定メンバー」でつくったグループのトークルームにおいて、継続的に会話(トーク)をすることができます。

「複数人トーク」とは?

LINEの「複数人トーク」とは、「一対一でトークをしているときに、別の友達を誘って一緒にトークすることができる機能」のことを意味しています。

「複数人トーク」「はじめに複数の友達を選んで話しかけることによって、複数でのトークをスタートさせる使い方」もできますが、そのトークが終われば「グループ」が後に残ることはありません。

その意味で、「複数人トーク」というのは「グループ作成機能(固定メンバーのグループをつくる機能)」ではなく、「一時的に複数の友達とのトークを楽しむ機能」になっているのです。

「グループ」と「複数人トーク」の違い!

LINEの「グループ」「複数人トーク」の違いを、分かりやすく解説します。

「グループ」「複数人トーク」も、「複数(三人以上)の友達が集まって会話(トーク)することができるLINEの機能」ということでは共通しています。

しかし、「グループ」というのは「グループに参加する特定のメンバーを決める機能(会話が終わってもグループは残る)」であり、「複数人トーク」のほうは「その場限りで、別の友達を誘って複数で話す機能(会話が終わればグループなどは残らない)」であるという違いを指摘できます。

「グループ」「継続的なトーク・グループ参加の承認が必要」であり、「複数人トーク」のほうは「一時的なトーク・相手の承認は不要」であるという違いがあるのです。

まとめ

LINEの「グループ」「複数人トーク」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「グループ」とは「継続的な会話を前提にしたもので、参加する特定のメンバーを決めてトークルームを作成した上で利用するもの」を意味していて、「複数人トーク」「一時的な会話を前提にしたもので、一対一でトークをしているときに別の友達を誘って話すもの」を意味している違いがあります。

LINEの「グループ」「複数人トーク」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典