スポンサーリンク
新語・ネット用語

「鬼嫁」とは?意味や使い方を解説

「鬼嫁」 女性は成長していくにつれてどんどんと変化していきます。 そして結婚することでこれまでと大きく変わっていく人も多いです。 「昔はあんなに優しかったのに」という思い出を持ちながら「今は鬼嫁になった」と嘆く男性...
新語・ネット用語

「DM」とは?意味や使い方を解説

「DM」はダイレクトメールの略 インターネットが普及・一般化した現代では連絡の多くはメールに変わりつつあります。 そして企業・会社からの情報も以前はチラシや広告などの紙媒体でしたが、今は“DM”(ダイレクトメールの略...
意味と使い方

「叙景」とは?意味や使い方を解説

「叙景」について 「叙事」「叙景」「叙情」などは、聞いたことはあるが意味がよくわからない、はっきりとは説明できない、といった言葉にあたる、という方も多いのではないでしょうか。 これらの言葉を分かりづらくしている原因は...
スポンサーリンク
意味と使い方

「智者」とは?意味や使い方を解説

「智者」とは 智者というのは「ちしゃ」と読み、「知者」と同等の意味を指します。 物事の本質を知っている人、道理をわきまえた人を指します。 物事の善悪をしっかりとつけることができる人、思慮深い人、人として正しい道を歩...
意味と使い方

「脳筋」とは?意味や使い方を解説

「脳筋」 この「脳筋」は、「体力だけ」だと思った人に対して使う言葉です。 よって、侮蔑表現になるので、使い方には注意が必要です。 そのような言葉なら、使わないに越したことはありませんが、この言葉は多少特殊で、相手に...
意味と使い方

「流言」とは?意味や使い方を解説

「流言」 この流言(りゅうげん)は、簡単に表現すれば「噂」のことですが、決していい意味では使わない言葉です。 その噂の中でもよくないものを表現する時に使い、「そんなものは信じるな」といった使われ方が多いです。 です...
意味と使い方

「確執」とは?意味や使い方を解説

「確執」とは 人間は1人では生きていきませんが、他の人と一緒に生活をしていると確執が起こる場合があります。 確執というのはお互いが自分の意見を主張し、譲らない状態を指しています。 あるいはそのために生じてしまう不仲...
意味と使い方

「感心」とは?意味や使い方を解説

「感心」とは 感心という言葉は「かんしん」と読み、物事に感服して褒めるべきだと考えること、褒めるべきである様子、などを指しています。 感服、敬服、脱帽、などといった表現方法もありますが、感心はビジネスシーンでも用いる...
意味と使い方

「感服」とは?意味や使い方を解説

「感服」とは 監督という言葉は「かんぷく」と読み、相手に深く感心し、尊敬の気持ちを持つことを指しています。 相手に感心という意味を持っているため、実は目上の人に対して使えば良いという表現ではありません。 感銘、敬服...
意味と使い方

「糊塗」とは?意味や使い方を解説

「糊塗」 糊塗は「こと」と読み、失敗をしたときなどにその場をなんとか取り繕うこと、一時しのぎとしてごまかすこと、などという意味を持ちます。 糊はぼんやりした様子を指しており、問題が生じた時などにはきちんと問題を修復す...
スポンサーリンク