スポンサーリンク

TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「#ドッキリしてみた」とは?TikTok
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」とは?意味

「#ドッキリしてみた」というタグは、「テレビ番組のドッキリのような相手を驚かせる企画を行っている動画」を意味しています。

「#ドッキリしてみた」とは、「出演者を騙してびっくりさせたり怖がらせたり、喜ばせたりするジャンルの動画」に付けられるタグなのです。

「#ドッキリしてみた」のタグがついている動画では、「出演者が思ってもいなかったドッキリの仕掛け」が行われますが、TikTokでも人気のあるタグの一つです。

TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」の概要

TikTokの「#ドッキリしてみた」というタグは、YouTubeの「ドッキリ動画の系譜」の影響も受けてつくられたものです。

短時間動画が中心のTikTokでは、YouTubeよりもシンプルな仕掛けのドッキリが主流ですが、「友達をはじめとする出演者を何かで驚かせるようなストーリー」になっています。

TikTokの「#ドッキリしてみた」にもいろいろな種類があります。

「単純にびっくりさせるもの」だけではなく、「サプライズで感動させるもの・下心を刺激して喜ばせるもの」「撮影していると思っていない時に撮影するもの(寝起き・オフレコのつもりの本音トーク)」などがあります。

TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」の言葉の使い方や使われ方

TikTokの「#ドッキリしてみた」は、「広義のドッキリを仕掛ける動画」に対して使われます。

「#ドッキリしてみた」のタグは、「一緒に動画に出ている友人知人を、良い意味でも悪い意味でも驚かせる場合」に使われているのです。

また「ドッキリ系の動画を検索する時」「ドッキリ系の動画に言及する時」にも、「#ドッキリしてみた」というタグを使うことができます。

例えば、「#ドッキリしてみたに憧れのアーティストと会う企画があって、見ている私もドキドキしました」などの例文で使えます。

TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」を使った例文(使用例)

・『#ドッキリしてみたの動画を見ていると、本当にこんなサプライズを仕掛けて大丈夫なのと思ってしまうものもあります。』

・『テレビのドッキリ番組よりも面白いので、仕事が終わってから#ドッキリしてみたの動画を検索するのが楽しみになっています。』

・『#ドッキリしてみたの企画はTikTokでもYouTubeでもやり尽くされた観があり、新たなドッキリネタを探すのが大変です。』

まとめ

「#ドッキリしてみた」というTikTokのタグの意味・概要・使い方について説明しましたが、いかがでしたか。

TikTokの「#ドッキリしてみた」というタグは、「出演者をびっくりさせるドッキリ系の動画」につけられるタグなのです。

TikTokのタグの「#ドッキリしてみた」の意味について調べたい時は、この記事の解説を読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TikTok
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典