スポンサーリンク

TikTokのタグの「#歌ってみた」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「#歌ってみた」とは?TikTok
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、TikTokのタグの「#歌ってみた」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

TikTokのタグの「#歌ってみた」とは?意味

「TikTok」では、動画の内容を端的に分類した「タグ」をつけることができます。

「#歌ってみた」は、TikTokの歌を歌っている動画につけられるタグの一つになります。

「#歌ってみた」というハッシュタグは、「今話題になっている楽曲・大勢の人が知っているような有名な歌・自分が好きなアーティストの歌」などを歌ってみる動画に対してつけられています。

TikTokのタグの「#歌ってみた」の概要

「TikTok」とは、中国のByteDance社が運営しているショートムービーの作成・共有のプラットフォーム、アプリです。

「TikTok」では、ユーザーが自分の動画の内容やジャンルを分かりやすく示すための「タグ」をつけられます。

この「タグ」は、自分が見たい種類の動画を検索して探す場合にも利用されます。

「#歌ってみた」は、TikTokでムービーの種類を分けるために付けられるタグです。

「#歌ってみた」の動画は、「本当にそのアーティストの真似をして上手く歌ってみた系統(歌が上手い人がアレンジして歌ってみた系統)」「歌は上手くないがコミカルに面白く歌ってみた系統」に分かれます。

TikTokのタグの「#歌ってみた」の言葉の使い方や使われ方

TikTokのタグの「#歌ってみた」は、「TikTokで有名な楽曲を歌ってみるショートムービーを制作したとき」に使うという使い方になります。

「#歌ってみた」という言葉は、「誰もが知っていそうなポピュラーな歌(話題・人気の歌)」「自分が歌ってみたい好きな歌手の歌」を歌ってみて、TikTokのムービーとしてアップしたときにつけられるタグなのです。

また「誰かが自分の好きな楽曲を歌っているショートムービー」を検索したい場合にも、「#歌ってみた」の言葉が使われています。

例えば、「あいみょんの『マリーゴールド』をとりあえず歌ってみた」などの文章でも使えます。

一般的な文章では、「#」をつけないこともあります。

TikTokのタグの「#歌ってみた」を使った例文(使用例)

・『髭ダンの「Pretender」がとても好きで、他の人がどんな風に歌っているのかをチェックしたくて#歌ってみたをついつい検索してしまいます。』

・『#歌ってみたのタグで検索すると、TikTokにはプロ顔負けの歌が上手い人をたくさん見つけることができます。』

・『#歌ってみたの動画を友達と作る話になり、あいみょんの「ハルノヒ」を何度も歌い込んで練習しています。』

まとめ

「#歌ってみた」というTikTokのタグの意味・概要・使い方について説明しましたが、いかがでしたか。

TikTokのタグの「#歌ってみた」というタグは、「今流行している歌や誰もが知っているようなポピュラーな曲を歌ってみた短時間の動画」につけられるタグなのです。

TikTokのタグの「#歌ってみた」の意味についてリサーチしたい時は、この記事の解説を参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
TikTok
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典