スポンサーリンク

Twitterの「凍結」と「垢消し」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「凍結」と「垢消し」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、Twitterの「凍結」「垢消し」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

Twitterの「凍結」とは?

Twitterの「凍結」とは、Twitterのアカウントが「凍結」され事を意味します。

「凍結」とは、Twitterはもちろん他のSNSや、インターネット上のアカウントに対して全般で使われる言葉で、利用規約にユーザーが違反したために、運営者がアカウントを強制的に停止させる事を言います。

多くの場合アカウントが「凍結」されると、Twitterにログインできなくなるロック状態となります。

Twitterではセキュリティ状態に危険がある場合、例えばハッキングされたり、乗っ取りが疑われた場合に、セキュリティ上の理由でアカウントの凍結が行われる場合があります。

この場合は、携帯電話番号の入力やメールアドレスの確認などを経て、自分でアカウントの凍結を解除できる場合があります。

しかしスパム行為や暴力的、嫌がらせななどの利用規約違反が理由でアカウントが凍結された場合、特定の手順や異議申し立てをする事でアカウントの凍結状態を解除できる場合があります。

凍結される事を防ぐために、利用規約をよく読み、ルールを守って使用する必要があります。

Twitterの「垢消し」とは?

Twitterの「垢消し」とは、Twitterのアカウントを自分で削除する事を指します。

Twitterは非常に多くの情報が流れるため、非常に便利なツールです。

しかしユーザーの中にはアカウントの存在を知られてしまうと困る人や、他のユーザーとの関係が悪化してしまうなどの人間関係の問題を抱えてしまった人が、アカウントの削除を検討する場合があるのです。

このアカウントを削除する事を「垢消し」と言います。

Twitterの「垢消し」をした場合は、今まで行ったツイート、いいね、ダイレクトメッセージ、フォロー、フォロワーの全てが削除されます。

「垢消し」から30日以内であれば、アカウントの復旧が行え、上記の過去のツイートなどの情報も復旧されます。

Twitterの「凍結」と「垢消し」の違い

Twitterの「凍結」「垢消し」の違いは、Twitterの運営者が行ったか、自分で行ったかの違いです。

「凍結」はなんらかの規約違反やセキュリティ上の問題で運営者から強制的かつ一時的にアカウントがロックされた状態を指し、「垢消し」は様々な個々の理由により、自分でアカウント自体を削除し過去のツイートなどのログを消去する事を指します。

まとめ

Twitterの「凍結」は運営者によって規約違反などの理由により一時的にロックされている状態を指し、「垢消し」は自身の理由により、自分でアカウントの削除を行った事を指します。

最近ではふとした言動がきっかけでSNSが炎上する事もしばしあり、炎上を鎮める目的でTwitterの「垢消し」が行われる事も少なくはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典