「あの子」と「あの人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「あの子」と「あの人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「あの子」「あの人」の違いを分かりやすく説明していきます。

「あの子」とは?

「あの子」とは、三人称で、自分よりも年少の子、若い女性に対して使う言葉です。

例えば友達同士で「あの子って〇〇だよね」などと、会話で使いますのは、対等、もしくは下に見ているといったことになります。

自分より上だと思う人にこのような言い方は通常しませんので、相手との関係性を考えた上で使う三人称とも言えるでしょう。

「あの子、可愛い」「本当にあの子は親に心配ばかりかけて」「あの子、僕のタイプだな」などと、使います。

「あの人」とは?

「あの人」とは、三人称で、「彼」「彼女」という意味になります。

名前を知らない人などに対して使うこともあります。

「あの人がさっきからずっとこっちを見ている」「あの人、名前何て言うの」などと使います。

一方で、自分の夫、恋人のことを「あの人」という言い方をすることもあります。

「あの人の帰りをずっと待っています」「このお弁当をあの人に持っていくところ」などと使いますが、これは「夫」「妻」「恋人」「彼氏」「彼女」という意味になります。

「あの子」と「あの人」の違い!

「あの子」「あの人」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも三人称という意味では同じです。

使い方の違いがありますので、混同しないように気をつけてください。

「あの子」とは自分よりも年下、小さい子、若い女性(もしくは男性)に対して使う言葉です。

対等な友達関係でも使えますが、どこか格下扱いといったニュアンスもありますので、仲が良い先輩などには使いません。

一方「あの人」は彼、彼女、という意味になります。

見知らぬ人に使うこともありますが、夫婦、恋人という関係性で相手のことを「あの人」と呼ぶこともあります。

まとめますと「あの子は年少、対等に使う」「あの人は誰にでも使えるが、夫、妻、彼氏、彼女のことを言い表す」と、なります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「あの子」「あの人」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

この二つの言葉は、相手との関係性によって使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典