「おっしゃる」と「おっしゃるとおり」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おっしゃる」と「おっしゃるとおり」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おっしゃる」「おっしゃるとおり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「おっしゃる」とは?

「おっしゃる」とは、「言う・話すという言葉の尊敬語」になります。

「おっしゃる」というのは、「話している相手に対する敬意(尊敬の念)を伝えるために使用される言葉」なのです。

例えば、「校長先生がそのようにおっしゃっていました」「部長がおっしゃる内容には私も同意です」といった例文で使うことができます。

「おっしゃるとおり」とは?

「おっしゃるとおり」とは、「相手の話している内容をそのまま認めることを意味する敬語表現」になります。

「おっしゃるとおり」というのは、「相手の注意・指摘・提言などに対して反対したり訂正したりせずに、そのまま全面的に承認(受容)することを意味する尊敬語の表現」なのです。

しかし、ビジネスシーンや目上の相手との会話において「あなたのおっしゃるとおりです」とだけ言うと、「真剣に相手の話を聞いていない・適当に受け流して軽んじている」という誤解を受ける恐れもあります。

そのため、「○○様のおっしゃるとおりです。

その点は私も早急に対処しなければと考えていたところです」
などの「相手の名前・共感・承諾・反省や改善」を付け加えるようにすると、誤解や解釈の違いを防ぎやすくなります。

「おっしゃる」と「おっしゃるとおり」の違い!

「おっしゃる」「おっしゃるとおり」の違いを、分かりやすく解説します。

「おっしゃる」という言葉は「言う・話すの尊敬語」を意味していて、「発言する相手に対する敬意・尊敬の念」を表現するときに使われます。

「おっしゃる」に対して「おっしゃるとおり」という言い方は、「相手の発言内容(注意・指摘・助言)などに対して、その内容を全面的に正しいものであると認める尊敬語の敬語表現」を意味している違いを指摘できます。

また「おっしゃる」の使い方には特段の注意・誤解はほとんどありませんが、「おっしゃるとおり」「あなたのおっしゃるとおりです」とだけ言うと、「適当に相手の言い分を受け流して軽視しているとの誤解」を受ける恐れがあるので使い方に注意が必要です。

まとめ

「おっしゃる」「おっしゃるとおり」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「おっしゃる」とは「相手の言う・話すという行為に対して敬意(尊敬の念)を示すときに使う尊敬語」を意味していて、「おっしゃるとおり」「相手の発言(指摘)した内容をそのまま正しいものであると認める尊敬語」「相手の指摘・注意を全面的に認める尊敬語であるが、使い方に注意が必要な言い回し」を意味している違いがあります。

「おっしゃる」「おっしゃるとおり」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典