スポンサーリンク

「お互い意識してる雰囲気」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お互い意識してる雰囲気」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お互い意識してる雰囲気」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お互い意識してる雰囲気」とは?意味

「お互い意識してる雰囲気」の言葉を分解して意味を考えて見ます。

「お互い」「2人が相互に」と言う意味であり、「意識してる」とは「気になっている」ことを意味し、「雰囲気」「感じが漂っている状態」を指す言葉です。

従って、文字通りの言葉の解釈としては、「2人が相互に気になっていると言う感じが漂っている状態」となります。

ここでは何かを意識し、何かが気になっていると言う意味で、その内容は特定されていません。

しかし俗語としては、その気になっている内容が男女間の恋愛感情を指す事が多く、もしかすると相手に好きだと言う気持ちがあり、恋愛感情に発展するのではと言う雰囲気が感じられる事を指す意味で使われています。

「お互い意識してる雰囲気」の概要

「お互い意識してる雰囲気」が感じられるのは、普段接点のある男女が、その人以外の異性とは違う感情が湧き出ている状況で、しかもそれが「お互いに」だと感じられると言う状況です。

こうした「雰囲気」は、しばしば同じグループや組織内で一緒に過ごしていて、周囲の人達からお似合いだと言われる様なケースや、相手の仕草の中でいつの間にか芽生えてくる感情と言えます。

しかし、それがあくまでも「雰囲気」であり、もしかしたら自分の勘違いかも知れないと、片想いとして終わってしまう事もあれば、思い切ってどちらかが次のステップへとアクションを起こす事で、両想いであることが確認でき、恋愛関係へと発展する場合もあります。

この様に、ある意味では当事者にとっては、悩ましい状態を「お互い意識してる雰囲気」があると、俗語としてしばしば使われるのです。

多くの場合は、以上のような恋愛感情に関係して使われる言葉です。

しかし、お互いが意識し、気になっている内容は、何も恋愛関係に限定されるものではないので、ライバルとして意識していると感じられる場合に、使われることもあります。

「お互い意識してる雰囲気」の言葉の使い方や使われ方

「お互い意識してる雰囲気」は『あの二人には、明らかにお互い意識している雰囲気があるのに、一向に進展が見られません。』や『お互い意識している雰囲気を感じているのですが、自分から付き合って欲しいと言い出す勇気が私にはありません。』の様に使われます。

「お互い意識してる雰囲気」の類語や言い換え

「お互い意識してる雰囲気」と言う俗語は、「お互い何となく気になる関係」「二人とも好意を持っている雰囲気」などと言い換える事が出来ます。

まとめ

「お互い意識してる雰囲気」の文字通りの意味は、「2人が相互に気になっていると言う感じが漂っている状態」と言う意味になります。

一般的な俗語としては、意識し、気になっている内容が男女間の恋愛感情に関係することを指す場合が多く、「お互い好意を持っている感じがする状態」を指す意味で使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典