「お住まい」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「お住まい」について

この「お住まい」は、日常でもよく聞く言葉です。

同じことを聞く場合に、他の言葉より比較的気軽に使えるのが特徴ですが、難しい点もある言葉です。

「お住まい」の意味とは

お住まいとは、「住んでいる場所」という意味で使う言葉ですが、広い解釈ができることから、どこまでを聞いているのかという点が難しい言葉でもあります。

例えば、「お住まいはどこですか?」と聞かれた場合、それだけでは、最寄り駅のことなのか、具体的な住所なのか、または大雑把な地域まででいいのか分かりません。

先に相手が自分はここだ(最寄り駅など)と言った場合には、それに合わせて答えるものですが、それがなかった時には答えに困ってしまう表現です。

「お住まい」の言葉の使い方

「お住まいは?」と言われて、住所の番地まで答える人は少ないです。

多くは市町村名までで、遠出をしていた時などは、都道府県だけでいいこともあります。

誰かに対して使う時にも、どこまで求めているのかを伝えないと、そう聞かれた方も困ってしまいます。

それを考えて、「お住まいの最寄り駅は?」などといった使い方がいいでしょう。

気軽に使える言葉な反面、この答え方が難しいという点も必ず覚えておきましょう。

「お住まい」を使った例文

お住まいを使った例文です。

どの程度までの答えを求めているのか分かるものになっています。

「お住まい」の例文1

「ここら辺ではあまり見ない練馬ナンバーだけど、お住まいどちら?」

車のナンバーは、記載されている地名によって、それぞれ管轄が決まっています。

そこから大体の住所が分かりますが、練馬ナンバーは、東京の練馬区だけでなく、新宿区、文京区、中野区、豊島区など広い地域で共通なので、そのうちのどこかと聞いていると考えていいでしょう。

「お住まい」の例文2

「北海道に旅行に行ったら、お住まいはどこかと聞かれたので東京だと答えておいた」

それほど離れている場所で聞かれた場合であれば、このような都道府県単位での答えで構いません。

ただし、この例で、相手が東京に詳しかったような時には、更にどこら辺なのかと続けて聞かれるかも知れません。

「お住まい」の例文3

「私は○○駅ですが、そちらのお住まいはどちらでしょう?」

このような、「自分はどこだ」と先に言われた時には、先に挙げたように、同様の単位や地域で返すものです。

よって、この例では同じように最寄り駅を答えておきましょう。

「お住まい」の英語と解釈

お住まいは、そのままの英語表現だと“(you) live”ですが、この言葉は必ず人にそれを聞く表現として使われるので、“where you live?”として使ってください。

この表現もまた、色々な答え方ができる為、日本語の「お住まい」と似ている英語です。

単にそう聞いた場合、“California”(カリフォルニア州)と返ってきたり、“Sacramento”(その中の州都のサクラメント)とまで答えてくれる場合があるでしょう。

「お住まい」の類語や類義表現

お住まいと似た意味の言葉や表現です。

どちらも「お住まい」より丁寧にそれを訊ねる時に使う表現です。

「ご尊宅」(ごそんたく)

「ご尊邸」(ごそんてい)とすることもあり、「ご尊宅(ご尊邸)はどちらになりますか?」といった使い方をする言葉です。

上司や目上の人に対して使う敬語表現になるので、前後の文脈にも注意してください。

「ご住居」(ごじゅうきょ)

「ご住所」を丁寧にした言葉です。

上の「ご尊宅」と同様に、それほどアバウトに使う言葉でもなく、主に市町村レベルまで聞きたい時に使ってください。

頭の「ご」を外すと、自分のそれに対しても使えます(「ご尊宅」は、それで完全な敬語表現の為、そのようには使えません)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典