スポンサーリンク

「お体に気をつけて」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お体に気をつけて」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お体に気をつけて」【おからだにきをつけて】の意味や使い方、例文の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お体に気をつけて」とは?意味

「お体に気をつけて」【おからだにきをつけて】とは、相手の体調を気遣いつつ、元気でいてくださいという意味を込めて伝える言葉です。

職場でもただ仕事の話ばかりではなく、別れ際に「お体に気をつけて」と一言伝えるだけで相手との気持ちが通じ、それからの関係をいいものにできるようになります。

また、目上の人やお世話になった人への感謝の意と気遣いを込めて別れに挨拶するときや、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期に「気をつけてお過ごしください」という気遣う心を伝えられます。

「お体に気をつけて」の概要

気遣いのある言葉を伝える人は「相手の立場を考えられる人」と良い印象を与えて、好印象を与えます。

そんな好印象を与えて、目上の人に気配りがある言葉をさりげなく伝えられるのがこの「お体に気をつけて」なのです。

とくに、お年を召した中高年はいつ病気になるか分からない世代でもありますので、そのような人へは「お元気で」と言うよりも体調を心配してあげられる言葉を投げかけた方がより「自分を気遣ってくれる人だ」と思わせます。

健康であればまた会って会話ができますし、一緒に食事ができるという意味も込めて使える言葉でもあり、相手もその時のために元気でいようという気持ちにさせる言葉にもなるわけです。

「お体に気をつけて」の言葉の使い方や使われ方

主に、人と別れるときに使う言葉である「お体に気をつけて」は、別れ際に相手の体調を気遣うために使われています。

「さようなら」と言うよりも、いかに自分が相手を気遣っているか伝えられますし、相手にもその気持ちを強く伝えられる別れの挨拶になります。

この言葉を使うタイミングとしては、ほとんどが直接会い、別れるとき丁寧に心を込めて相手を気遣いながら伝えるときにも使いますが、電話を切る前に「では、お体に気をつけて」と言う場合もあります。

高齢の方へ手紙を出すと際にも文章でさりげなく体調を気にする気持ちを伝えて締めくくるときに使われていますが、自分の親に使うというよりも、お世話になった年上の親戚や恩師、上司に使う言葉です。

また、季節の変わり目で体調を崩しやすい時期や相手が今住んでいる場所から遠い場所へと引っ越しする時にも「お体に気をつけて」と一言伝えるだけで相手に「頑張ってください」という応援する気持ちを伝えられます。

「お体に気をつけて」を使った例文(使用例)

・『寒い季節となりました。お体に気をつけてお過ごしください』
・『くれぐれもお体に気をつけて、皆様健康にお過ごしくださいませ』
・『今年もお世話になりました。お体に気をつけて元気にお過ごしください』
寒い季節になると年配の方は風邪をひいて体調を崩すことがあるため、より深く心を込めて心配する気持ちを伝えたり、家族全員の健康を気遣うときは「皆様」と付け足して気持ちを伝えるときも「お体に気をつけて」と伝えます。

また、職場の上司や先輩、ご近所、親戚など今年お世話になった人に対して感謝の気持ちを伝えてから相手への気遣いう言葉を付け足せばより心のこもった年賀状を書けます。

まとめ

人と別れる際に一言「お体に気をつけて」と言うだけで相手の体調を気遣える素敵な別れの挨拶となります。

何か気の利く挨拶言葉はないかと悩んだら自分の気持ちをさりげなく伝えられるようお世話になった目上の人に対してメールでもいいので伝えてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典