スポンサーリンク

「お手本」と「見本」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お手本」と「見本」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お手本」「見本」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お手本」とは?

「お手本」には、2つの意味があります。

1つめは、習う人が模範とする絵や文字がかいてある本のことです。

「お手本を見ながら書く」のように使用します。

もう一つの意味は、見習うべきものごと、模範のことです。

「あの人をお手本にして行動しなさい」のように使用をします。

「手」には、やりかた、技芸に優れた人という意味があり、「本」には、正しい、真実のという意味があります。

「見本」とは?

「見本」には、2つの意味があります。

1つめは、商品などの質や形を買い手に知らせるために示す品のことです。

サンプルと言い換えることもできます。

「洋服の見本を用意する」のように使用します。

もう一つの意味は、具体的な例、手本のことです。

「やり方の見本を示す」のように使用します。

「見」には、みる、みえるところ、立場、考え、あらわすという意味があります。

「お手本」と「見本」の違い

「見本」には「お手本」という意味があり、2つの言葉は同じ意味を持っています。

しかし、「お手本」には習う人が模倣とする絵や文字がかいてある本という意味があり、この意味は「見本」には含まれていません。

「見本」にはサンプルという意味がありますが、「お手本」にはこの意味は含まれていません。

まとめ

「お手本」「見本」には複数の意味があり、同じ意味の部分と異なる意味の部分があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典