スポンサーリンク

「お薦め」と「お奨め」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お薦め」と「お奨め」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お薦め」「お奨め」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お薦め」とは?

「お薦め(おすすめ)」とは、「あるモノ・人物を選んで推薦すること」を意味している言葉です。

「お薦め」という表現は、「複数の物事・人物の中から一つを選んで採用するように進言すること」といった意味合いも持っています。

例えば、「コスパを重視するならこの商品がお薦めです」「営業本部長としてお薦めできる人物です」などの例文で使うことができます。

「お奨め」とは?

「お奨め(おすすめ)」とは、「励ましたり褒めたりする形で、ある物事・人物などをすすめること」を意味している言葉です。

「お奨め」という漢字表記には、「頑張ってもらいたいという気持ちを込めてある物事をするように促すこと」といった意味のニュアンスが備わっています。

例えば、「コーチをつけてのトレーニングをお奨めします」「受験生にお奨めの勉強方法があります」といった文章で使用されます。

「お薦め」と「お奨め」の違い!

「お薦め」「お奨め」の違いを、分かりやすく解説します。

「お薦め」「お奨め」はどちらも「おすすめ」と読んで「ある物事・人物などを人にすすめること」を意味していますが、「お薦め」には「複数の人物・物事から選んで推薦すること、採用するように進言すること」といった意味のニュアンスがあります。

「お薦め」に対して「お奨め」の言葉は、「相手に頑張ってもらいたいという気持ちを込めてある物事をすすめること・促すこと」という意味のニュアンスが強い違いを指摘できます。

例えば、「入場曲にはこの音楽がお薦めです」「お奨め」よりも「お薦め」のほうが適切であり、「健康のためにダイエットすることをお奨めします」「お薦め」よりも「お奨め」のほうがふさわしいといった違いがあります。

まとめ

「お薦め」「お奨め」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「お薦め」とは「あるモノや人物を選んで推薦すること」を意味していて、「お奨め」「ある物事を良いことであると判断して、励ましたり褒めたりする形ですすめること」を意味している違いがあります。

「お薦め」「お奨め」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典