スポンサーリンク

「かき氷」と「シャーベット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かき氷」と「シャーベット」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

暑い夏には冷たいものが売られているのを見ると、つい買って食べたくなります。

多くの屋台があると、どれにするかしばらく迷ってしまいます。

もし「かき氷」「シャーベット」が売られていたら、どちらを選びますか。

「かき氷」「シャーベット」にはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、「かき氷」「シャーベット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「かき氷」とは?

氷を細かく砕いたものです。

ぶっかき、かちわりとも言います。

削り氷にシロップなどを掛けて食べます。

「シャーベット」とは?

果汁に砂糖液を加え、かき混ぜながら凍らせた氷菓子です。

もともと、氷で冷やしたフルーツを基にして作られる飲み物でしたが、オセアニア、アメリカ、イギリスの三つの国で変化していき、現在の「シャーベット」になりました。

「かき氷」と「シャーベット」の違い

「かき氷」「シャーベット」も、氷を使った冷たく甘い菓子であることは同じですが、作り方が違います。

「かき氷」は、完全に凍らせた氷を削り、その上からシロップなどをかけます。

「シャーベット」はシロップなどをかき混ぜながら凍らせ、滑らかさが残るように不完全な氷を混ぜ合わせていることがあります。

ただ、「かき氷」「シャーベット」も氷の割合や温度は決められていません。

「かき氷」の例文

「かき氷」の例文を紹介していきます。

・『私は夏になると、かき氷をよく食べています。』

家庭用のかき氷機があれば作れるので、好きなシロップを掛けて食べる人も多いでしょう。

・『あなたはこのカフェのかき氷が好きと聞きました。』

シロップだけではなく、果物やアイスを盛りだくさんに飾った豪華な「かき氷」は、カフェで売られていることがあります。

・『彼は夏祭りでかき氷を買ってくれました。』

お祭りなど、屋台でもよく売られています。

外で食べる「かき氷」は特別おいしく感じます。

「シャーベット」の例文

「シャーベット」の例文を紹介していきます。

・『私は夏休みの自由研究でシャーベットを作りました。』

「シャーベット」も家で作れます。

冷凍庫で冷やして混ぜることを繰り返しながら作ったり、塩と氷を混ぜて温度を下げながら作ったりなどの方法があります。

・『彼はシャーベットを食べると頭が痛くなるそうです。』

冷たいものを食べると頭痛を引き起こすこともあるので気を付けましょう。

・『彼女はオレンジのシャーベットを食べて、気分が良くなりました。』

「シャーベット」など冷たいものは、妊娠中の悪阻や、車酔いなど気分が優れないときに食べると、口の中がさっぱりし、良い効果があるでしょう。

まとめ

「かき氷」「シャーベット」も美味しい氷菓子の一つではありますが、作り方が違います。

「かき氷」は完全な氷を削り、上から甘いものを乗せる作り方、「シャーベット」は甘い液体をかき混ぜながら凍らせる作り方になります。

「かき氷」「シャーベット」も暑い、気持ち悪いなど、不快な気分をさっぱりさせてくれる有能なお菓子です。

しかし、食べすぎるとお腹を壊したり、頭痛になったりするので気を付けて食べましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典