スポンサーリンク

「かけうどん」と「釜揚げうどん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「かけうどん」と「釜揚げうどん」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたはどんなうどんが好きですか。

この記事では、「かけうどん」「釜揚げうどん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「かけうどん」とは?

「かけうどん」とは、ゆでたうどんに熱いつゆをかけたものです。

「うどん」は、小麦粉に少量の塩を加え、水とともに練り合わせ、薄く伸ばして細く切り、ゆでた食べものです。

小麦粉には、強力粉、中力粉、薄力粉があります。

これらは小麦中に含まれるタンパク質量による分類で、強力粉がもっともタンパク質含有量が多く、薄力粉がもっとも少なくなっています。

強力粉は水と一緒に混ぜ合わせると強い粘りが出ることが特徴で、主にパン作りなどに使用されています。

薄力粉はケーキやクッキーなどのお菓子作りに使用されることが多いです。

「かけうどん」には中力粉が使用されています。

うどんに強力粉を使用すると粘りが強すぎ、薄力粉では弱すぎます。

小麦を水とともに練ると粘りが出るのはグルテンによるものです。

グルテンとは、小麦やライムギなどに含まれるたんぱく質の一種である、グルテニンとグリアジンが結びついて形成されたものです。

「かけうどん」のつゆは家庭や飲食店によって異なり、かつお節や昆布などからとった出汁が使用されています。

「かけうどん」はシンプルなうどんで、具材をつけたすことでさまざまな味を楽しむことができます。

天かすをのせればたぬきうどんに、おあげをのせればきつねうどんになります。

また、シンプルだからこそ、麺とつゆの味をじっくり感じられます。

「釜揚げうどん」とは?

「釜揚げうどん」とは、ゆでたうどんを釜からあげ、ゆで汁ごと器に入れたものです。

別の器に入れたつゆにつけて食べます。

「釜揚げうどん」は水で締めていないため、出来立ては温かです。

そして、もっちりした食感があります。

また、うどんは熱をもったままなので、その熱によって時間経過によりうどんの食感が変わっていきます。

ゆでたうどんを水で洗うと、うどん表面に付着しているぬめりが取り除かれますが、「釜揚げうどん」には、このぬめりがやや残っています。

表面にぬめりの成分が残っているからこそ、つゆがうどんによく絡まります。

「釜揚げうどん」のつゆには、かつお節や昆布などからとった出汁が使用されます。

「かけうどん」と「釜揚げうどん」の違い

「かけうどん」は、つゆに浸っています。

ゆでたうどんに熱いつゆをかけたものです。

一方、「釜揚げうどん」は、つゆに浸っていません。

ゆでたうどんを洗わず、そのまま器に盛りつけたもので、別の容器に入れたつゆにつけて食べます。

「うどん」とは、小麦粉に少量の塩を加えて、水で練り、薄く伸ばして切り、ゆでた食べもので、「かけうどん」にも「釜揚げうどん」にもこの「うどん」を使用しています。

その点では同じです。

まとめ

どちらもシンプルなうどんなのですが、違うものを指しています。

大きな違いは、最初からつゆに浸かっているのか、浸かっていないのかという点です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典