スポンサーリンク

「ぐうたら」と「ずぼら」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ぐうたら」と「ずぼら」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ぐうたら」「ずぼら」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ぐうたら」とは?

「ぐうたら」は、「やる気がなく、すぐに怠けようとする様子」という意味です。

やるべきことがあってもぐずぐずしていつまでも引き伸ばし、出来ればやらずに済まそうとする人に使われます。

「ぐうたら」の語源は、「おろかである」という意味の「愚たる(ぐたる)」という言葉が変化したという説があります。

「ぐうたら過ごす」は、一日中やるべきことをやらずに怠けて、だらだらと暮らしている様子を表します。

また、「ぐうたら主婦」「ぐうたらOL」など、自分のことを卑下する意味で使われることもあります。

「ずぼら」とは?

「ずぼら」は、「行動や性格がだらしない様子」という意味です。

こちらは、やるべきことを中々やらないだけではなく、やったところで中途半端できちんとできない様子です。

「ずぼら飯」は、誰でも簡単にできる手抜き料理を表します。

「ずぼら」の語源は、凸凹や出っ張りがなく、のっぺりしているという意味の「ずべらぼう」が変化したという説があります。

「ぐうたら」と「ずぼら」の違い!

「ぐうたら」「やる気がなく、すぐに怠けようとする様子」です。

「ずぼら」「行動や性格がだらしない様子」です。

まとめ

今回は「ぐうたら」「ずぼら」の違いをお伝えしました。

「ぐうたらは怠けようとする様子」「ずぼらはだらしない様子」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典