スポンサーリンク

「ぐずぐず」と「だらだら」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ぐずぐず」と「だらだら」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ぐずぐず」「だらだら」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ぐずぐず」とは?

「ぐずぐず」には、副詞としての意味と形容動詞としての意味があります。

副詞としての意味は4つです。

1つめは、動作が遅くて無駄に時間を費やすさまです。

これから出かけようというときのことで考えてみます。

1人を除いて家族はみんな準備ができて、すぐに出かけることができます。

しかし、1人だけまだ準備ができていません。

行動がゆっくりで、無駄に時間を費やしてしまっているため、準備が終わっておらず、出かけることができないのです。

そんなとき、「ぐずぐずしていないで早くしなさい」など言われてしまうことがあります。

2つめは、ぶつぶつと不満をいうこと。

また、子どもがむずかるさまです。

子どもが機嫌が悪いとき、泣いたり、すねたりすることがあります。

このときのさまが「ぐずぐず」です。

3つめは、天候がはっきりしないさまです。

梅雨時のような天気を指しています。

4つめは、物が煮え立つ音、またそのさまです。

煮物を火にかけていると「ぐずぐず」とした音がします。

このような音を指しています。

形容動詞としての意味は2つあります。

一つは、引き締まりがないさまです。

購入した豆腐を乱暴に扱って持ち帰ると、帰宅したときに形が崩れてしまいます。

このさまは「豆腐がぐずぐずに崩れる」と表現できます。

もう一つの意味は、態度がはっきりしないさまです。

何かを決めなければならないとき、どのような態度をとるのか明確でないことなどをいいます。

「ぐずぐず」の使い方

いくつもの意味があり、さまざまな事柄に使用されてます。

はっきりしない、動作がゆっくりで無駄に時間を使う、といった意味で使われることが多いです。

「だらだら」とは?

「だらだら」には4つの意味があります。

1つめは、液体の流れがとまらずに流れ続けることです。

指を包丁で切ってしまいました。

血がたくさん流れ続けています。

このさまを「血がだらだらと流れる」といいます。

2つめは、道の斜面が急ではないことです。

「だらだらとした坂道」などといいます。

3つめは、変化があまり見られない状態が続くさまです。

会社の会議は、内容に進展がないまま、長時間続くことが珍しくありません。

このさまは「会議がだらだらと続く」と表現できます。

4つめは、気分がゆるんで引き締まりが感じられないことです。

家でいつまでもソファに寝転がっているような状態です。

「だらだら」の使い方

4つの意味があり、使われる場面が違います。

液体が流れ続ける、ゆるい坂が続くなど、同じような状態が続くことを指して使われることが多いです。

「ぐずぐず」と「だらだら」の違い

「ぐずぐず」は、動作がゆっくりしているさま、はっきりしないさまを主にいいます。

「だらだら」は、変化に乏しいさま、同じような状態が続くさまをいいます。

まとめ

「ぐずぐずしていないで」「だらだらしていないで」のように似た使い方がされますが、それぞれの言葉の意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典