スポンサーリンク

「この接続ではプライバシーが保護されません」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「この接続ではプライバシーが保護されません」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「この接続ではプライバシーが保護されません」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「この接続ではプライバシーが保護されません」とは?意味

「この接続ではプライバシーが保護されません」とは、webブラウザのChromeを使用している際に稀に出てくる画面でHTTPSというブラウザ上の画面のデータを保護する機能があるサイトで見られる現象です。

「この接続ではプライバシーが保護されません」という画面が表示される理由については、相手側のサーバーのセキュリティ証明書認証サーバーがダウンしているか、サイトを閲覧している側の証明書に異常があるのが原因になります。

「この接続ではプライバシーが保護されません」の概要

「この接続ではプライバシーが保護されません」は、セキュリティ証明書の認証が何らかの原因でできなくなることで引き起こされる現象です。

実はこの現象、過去に結構笑えない現象の一つとして認識されており、過去にWindowsのアップデートで証明書が消失するという事件が起き「この接続ではプライバシーが保護されません」という画面が表示されるという事態が起きたことがあります。

解決方法は、Windowsを再度アップデートするかクリーンインストールを行う等の他Windowsのアップデートデータだけを初期化するという方法で対応するのですが中には、証明書が消失していることを知らずにWindowsを利用するなどの問題が起きたこともあるのです。

「この接続ではプライバシーが保護されません」の言葉の使い方や使われ方

「この接続ではプライバシーが保護されません」はブラウザに表示するサイト自体にセキュリティ機能がある場合、どちらかの証明書確認に異常がある場合、「この接続ではプライバシーが保護されません」というサイトを表示します。

この時「この接続ではプライバシーが保護されません」というサイトが使われるのは、セキュリティ証明書に異常があるためです。

「この接続ではプライバシーが保護されません」を使った例文

・『この接続ではプライバシーが保護されません』
この例は、Chromeというブラウザを使用していて、httpsというサイトにアクセスした際、セキュリティ証明が両者のどちらかができなかった場合表示されます。

解決法は、セキュリティ証明を得ることです。

まとめ

「この接続ではプライバシーが保護されません」はブラウザに表示されているサイト自体にセキュリティ機能がある場合、証明書により本人を確認するのですが、それと同時に相手側も正規のサイトだと証明をするのですが、それらができないと「この接続ではプライバシーが保護されません」というサイトが表示されます。

これは、ブラウザの利用者の保護を目的とした画面で要は、両者どちらかの情報が信用できないから情報の開示は辞めておきましょうという物です。

解決法は、両者のセキュリティ証明を更新するしかないです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典