スポンサーリンク

「ご教授」と「ご指導」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご教授」と「ご指導」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご教授」「ご指導」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご教授」とは?

単なる「教授」の場合は、研究などを極めた教職者のことになります。

これに「ご」が付くと、別の意味を持つようになります。

「ご教授」「ごきょうじゅ」と読み、教え子に対して知識や技能を授けることを言います。

「ご」を付けて丁寧な言葉にしていることから、「教えてください」と依頼する際に使う仕様であることが分かります。

かしこまった場面でも用いられる言葉です。

「ご指導」とは?

「ご指導」「ご」も、「ご教授」の場合と同じです。

「指導」は、ゴールに向かうための心得や目指す方法を導くという意味です。

「ご指導ください」とシンプルに使えるので、誤った使い方になってしまう心配がありません。

「ご教授」と「ご指導」の違い

ともに「教えてもらう」ことを乞う言葉です。

違いは、「ご教授」の場合は長期的な教えを意味するので、質問に回答してほしいというような意味ではありません。

「ご指導」のほうが誰にでもよく使われる一般的な言い回しです。

「ご教授」ほど明確な意味を持つ言葉ではありません。

まとめ

誰かに教えてもらいたいときには、きちんとした言葉で丁寧にお願いするのがマナーです。

他にも似た言葉で、指南や教示などがあります。

気まずい思いをしなくてもいいように心得ておきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典