スポンサーリンク

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご教示ください」と「ご教授ください」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語には同じ意味合いの言葉でも、微妙にニュアンスの違う言葉が幾つもあります。

「ご教示ください」「ご教授ください」も、似ているものの持つ意味合いの違う言葉です。

この記事では、そんな「ご教示ください」「ご教授ください」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご教示ください」とは?

「ご教示ください」とは、教示という言葉が示す様に方法や知識等を教えてくださいという意味を持つ言葉です。

具体的にはビジネスシーン等の畏まった場で書類の書き方等が分からず、分かる相手にやり方を教えて貰いたい時等にこの言葉を使用します。

「ご教授ください」とは?

「ご教授ください」は、教授という言葉用いられている通り、専門的な知識や技術を相手に授けて貰いたい時に使用する言葉です。

基本的に専門的な知識や技術力を持つ相手に対して使用する言葉で、スポーツや楽器、美術等を相手に教わりたい時に使用します。

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違い

「ご教示ください」とご教授くださいの違いを分かりやすく解説すると、「ご教示ください」は基本的に専門性の低い、書き方等の単純なやり方等を相手に教わりたい時に用いる言葉です。

逆に「ご教授ください」は、専門性が高く訓練が必要なものを継続的に教わりたい相手に使用すべき言葉となっています。

まとめ

「ご教示ください」は、単純な事柄のやり方等が分からない時に相手に教わりたいとお願いする時に使う言葉です。

「ご教授ください」は、専門性が高く継続して教わる必要がある技術や知識を学びたいと、相手に申し出をする際に使用します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典