スポンサーリンク

「ご法度」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご法度」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご法度」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご法度」とは?意味

禁じられていることです。

「ご法度」「ご」は言葉を丁寧にするためにつける語です。

相手を敬う気持ちが込められています。

「法度」には、してはいけない事柄という意味があります。

つまり、「ご法度」とは、してはいけない事柄という意味を、丁寧にあらわしたものになります。

「ご法度」の概要

禁じられていることとは、してはいけないとやめさせることです。

「ご法度」が意味するしてはいけないこととは、社会慣習で禁止されていること、あるコミュニティーで暗黙のうちに禁止されていること、法律で禁止されていることなどです。

たとえば、飲酒運転は法律で禁止されている事柄です。

飲酒をした後には正しい判断ができなくなってしまうことがあり、そのような状態で車を運転すれば、事故を起こす可能性があります。

そのため、法律で禁止されています。

キャンプでは、いろいろとやってはいけないことがあります。

たとえば、調理に使った水を土にそのまま流すことです。

調理に使用した水には、食品中から溶け出した油やでんぷん質などが溶け込んでいます。

「もとは水なのだから、植物の栄養になるだろうし、大丈夫だろう」と思う人もいることでしょう。

しかし、こういったものを土にそのまま流すと土壌汚染になります。

植物にとって害になる物質が含まれていたり、微生物などが異常に繁殖して環境に悪影響を与えたりすることがあります。

そのため、調理に使った水をそのまま土に流してはいけません。

これは「ご法度」とされている行為です。

このことは法律では決まっていませんが、キャンプをする人のマナーとしてやってはいけないこととされています。

「禁じる」とは禁止することで、禁止はある行為をしないように命令することをいいます。

つまり、「ご法度」はやってはいけないと強く注意をしたり、命令したりしている意味になるのです。

「ご法度」の言葉の使い方や使われ方

相手を尊敬した気持ちを込めて、「法度」「ご」をつけた言葉です。

相手を敬いながら、やってはいけないと相手に伝えるときに使用をします。

ややふざけた意味合いをこめて「ご」をつけて「ご法度」としていることもあります。

どちらにしても、禁止の意味で使用をします。

この言葉が意味している禁止する事柄は、法律で決められていることも、法律で決められていないことも含まれています。

「ご法度」の類語や言いかえ

「禁止」が似ている意味を持っている言葉です。

やってはいけないと命令することを指しています。

命令なので「やってはいけない」と強い意味が込められている言葉です。

まとめ

社会生活を円滑に営むために、やってはいけないことが定められています。

そのやってはいけないことは、法律で定められていることもあれば、暗黙のものもあります。

そういったやってはいけないことをこの言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典