スポンサーリンク

「ご確認」と「ご査収」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご確認」と「ご査収」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご確認」「ご査収」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご確認」とは?

「ご確認(ごかくにん)」とは、「はっきりと確かめること」「内容・金額などを確かめて認めること」を意味している丁寧語です。

「ご確認」「確認」に、丁寧を意味する接頭辞の「ご(御)」をつけた敬語表現です。

例えば、「事業の計画内容をご確認ください」「領収書の金額をご確認ください」などの例文で使えます。

「ご査収」とは?

「ご査収(ごさしゅう)」とは、「金銭・書類・品物などを、よく調べてから受け取ること」を意味している丁寧語です。

「ご査収」「査収」に、丁寧を意味する接頭辞の「ご(御)」をつけた敬語表現です。

例えば、「執筆が終わった原稿をご査収ください」「今回の仕事の報酬をご査収ください」などの文章で使用できます。

「ご確認」と「ご査収」の違い!

「ご確認」「ご査収」の違いを、分かりやすく解説します。

「ご確認」「ご査収」はどちらも「内容や品物などを確かめること」を意味している言葉ですが、「ご確認」という表現は「内容・状態・物などをはっきりと確かめること、確かめて認めること」を意味しています。

「ご確認」に対して「ご査収」のほうは、「金銭・物・書類などの内容を、よく調べてから受け取ること」を意味している違いを指摘できます。

「ご査収」「お金・作品・書類など何かを相手に渡して受け取ってもらう場合」に使われますが、「ご確認」のほうは何も渡さなくても「相手に何かをはっきりと確かめてもらう場合」に幅広く使うことができる違いがあります。

まとめ

「ご確認」「ご査収」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ご確認」とは「はっきりと確かめること・確かめて内容を認めること」「確認の丁寧語」を意味していて、「ご査収」「金銭・書類・品物などを、よく調べてから受け取ること」「査収の丁寧語」を意味している違いがあります。

「ご確認」「ご査収」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典