スポンサーリンク

「ご芳名」と「ご署名」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご芳名」と「ご署名」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

改まった席などで「ご芳名」「ご署名」という言葉を使う機会もあるかと思います。

どちらがどう違うのか、大人になると知りたくても聞けないこともあります。

この記事では、「ご芳名」「ご署名」の違いを分かりやすく説明していきます。

大人のマナー術を身につけていきましょう。

スポンサーリンク

「ご芳名」とは?

ご芳名(ごほうめい)とは、相手の名前のこと。

相手をリスペクトしていて、持ち上げる時につかう丁寧な言葉です。

ご芳名の「芳」という漢字には、良い香りという意味があります。

よろこばしく前向きな気持ちをあらわす言葉で、他人に対する尊敬の気持ちも含まれています。

ご芳名で思い浮かべるのが、結婚式などの招待状に書いてある文字です。

この場合は招待状を送った人が、式に来てくれるゲストに対して、感謝の気持ちをこめて「ご芳名」と書いています。

お名前だと失礼にあたってしまうので、より丁寧な「ご芳名」という言葉をつかって丁寧さを表現しているのです。

招待状を返信するときは、ご芳名の「ご芳」と書かれた部分を二重線で消して「名」だけ残します。

自分の名前に敬称が付いたままお返しするのは、失礼にあたってしまうからです。

地域によっては二重線の代わりに、寿という文字を「ご芳」にあてる場合もあります。

「ご署名」とは?

ご芳名とよく似た言葉に「ご署名」があります。

ご署名とは、相手に相手の名前を書いてもらうこと。

平たく言えば書類などに記す、サインのことを表しています。

「サインしていただけませんか」というのを、より丁寧にそしてあらたまった形で伝えているのが「ご署名」です。

署名には、手書きでしたためるという意味もあります。

よく似た「記名」はパソコンなどの機械で打った文字もふくまれます。

署名はその人自身が、自分の名前を手書きで記したもの。

代理人をつかわず、自分の手で書いたものを指します。

「ご芳名」と「ご署名」の違い

受付などを頼まれた場合に、ご芳名とご署名の違いに迷うこともあります。

「ご芳名」「ご署名」の違いを、分かりやすく解説します。

正しいマナーを知っておくと、いざという時に恥ずかしい思いをしなくて済みます。

・結婚式ではご芳名を

結婚式で突然、受付を頼まれたら…。

思わずたじろいでしまうものです。

結婚式では親族や友人の名前や住所などを書いてもらう「芳名帳」が準備されます。

この場合は「ご芳名をお願いいたします」と伝えて、訪れた方に氏名を書いてもらいます。

・契約書にはご署名を

一方で契約書や協定書などの、書類に氏名をサインしてもらう場合は「ご署名」という言葉を使います。

「こちらにご署名と、ご捺印をお願いいたします」といった具合に用います。

署名はその人自身がおこなうことが原則と決まっているので、代理人がおこなう時には委任状を準備してもらいます。

まとめ

ご芳名とご署名の違いについて分かりやすくお伝えしました。

ご芳名は結婚式や葬儀などで、芳名帳に記載してもらう相手のお名前のこと。

またご署名は契約書などに記入する、相手のサインのことです。

違いを正しく知っておくと、いざという時に落ちついた対応ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典