スポンサーリンク

「ご賢察いただけますと幸いです」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ご賢察いただけますと幸いです」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ご賢察いただけますと幸いです」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ご賢察いただけますと幸いです」とは?意味

「ご賢察いただけますと幸いです」は、ビジネスなどで使用する敬語に当たり、遠回しに察しろということを述べるための言葉です。

ビジネスや一般的な社会常識で、目上の相手の方に対し、察しろと命令したり、命令以外で察してとだけ述べた場合、果たしてどうなるかを考えた場合、一応敬語で相手を敬えばこちらの意向を伝えることができるという考えから生れたのがこの、「ご賢察いただけますと幸いです」になります。

「ご賢察いただけますと幸いです」の概要

「ご賢察いただけますと幸いです」とは、言ってしまえば、命令ととられないよう、相手の方に自分の立場を察してほしいということから生れた敬語です。

何故、敬語である必要性があるかですが、日本では、こちら側の感情や事情を考慮したうえで相手の方に対し、それらを理解しろと命令することを嫌います。

その為、日本では、あえてこちら側の事情であるにもかかわらず、相手の方に対して気持ちを察するよう敬意を払ってまで相手に自制を求めることが美徳であると未だに考えています。

つまりは、相手の気分を害さないことが美徳であるが故に、本来は相手側が気を遣うべく行為であるはずなのに、こちら側が気を使うという事情を、「ご賢察いただけますと幸いです」という言葉が物語っているのです。

「ご賢察いただけますと幸いです」の言葉の使い方や使われ方

「ご賢察いただけますと幸いです」は、相手に敬意を払い物事を頼み込む場合使用しますので、本来気を遣われるべき側が下手に出て相手にお願いをする場合使用する言葉です。

「ご賢察いただけますと幸いです」の類語や言いかえ

「ご賢察いただけますと幸いです」の類語ですが、敬語であり、相手に対して自制を促すのであれば、「ご賢察いただけますとありがたいです」の他「ご賢察いただけますと幸せです」が類語や言いかえ言葉に相当します。

まとめ

「ご賢察いただけますと幸いです」は、日本の文化でビジネス相手や目上の方を敬うという気持ちがあるが故、こちら側の事情であるにもかかわらず、相手に理解を求める際、何故か敬語で相手に自制をお願いするという文化があります。

その為、「ご賢察いただけますと幸いです」には、たくさんの派生があり、「ご賢察いただけますと幸せです」は、何故か自分の事情を理解してもらうことで幸せを感じるなど相手の方に対してかなり遠慮をしている言葉が派生に存在しています。

逆をいけば、ビジネスにおいてはビジネスを持ち掛けた側の事情を相手方が察してくれないが故に、丁寧にあえて相手を怒らせないよう尊敬までを込めて相手に対して察するよう進言せねばいけないということを考えた場合、「ご賢察いただけますと幸せです」や、「ご賢察いただけますと幸いです」とは、如何に相手に不快感を与えずにお願いをするかという裏返しでもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典