スポンサーリンク

「さすがに」と「ちょっと」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「さすがに」と「ちょっと」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「さすがに」「ちょっと」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「さすがに」とは?

「さすがに」という言葉には、意味が複数あります。

使われる文脈によって、違う意味で使われているので、注意が必要です。

一つ目の意味は、前提とする条件を一応は認めつつ、その限りではない状況では、前提条件が当てはまらないことを表現しています。

又は、例外だと思っていたけれど、世間一般と同じ結果になったときにも使います。

「さすがに」の後に続く言葉が、実質的に言いたいことになります。

「今年の夏は、暑さに強い自分でも、さすがに参ってしまった」などと、使います。

二つ目の意味は、当然の状況になったこと、実力や評判が期待通りだったことを表しています。

「さすがに偉いものだ」「さすがに富士山は日本一の山と言われるだけのことはある」などと、使います。

漢字では、「流石に」と書く事が多くなります。

「さすがに」の使い方

出来事や物事、感情を再確認するときに使います。

世間の評判や事実を確認し、特定の条件下では、相反する感情を抱いたときや、改めて感心したときなどに使用します。

「さすがに」の後に、感じたことや言いたいことがきます。

感動詞のように、強調の意味で使うこともあります。

「さすがに」という言葉を目上の人に使うと、「たいしたものだ」と評価することになってしまうので、失礼になります。

また、「さすがに」は、相反する気持ちを表すことが多い言葉なので、人に使うときは、誤解が生まれないように気をつける必要があります。

「ちょっと」とは?

「ちっと」の音変化した言葉です。

物事の数や程度、時間がわずかであることを表しています。

少しのことです。

気軽なことを表すときにも使います。

「ちょっとは名の知れた」「ちょっと驚いてしまった」などと、かなりのものであるさまを表すこともあります。

また、困難であることを表すこともあります。

漢字では「一寸」と書きます。

「ちょっと」の使い方

少しであることを表したいときに使用します。

「お酒がちょっとだけ残っている」などと、使います。

後ろに打ち消しの言葉を伴って、「ちょっと考えられない」など、そう簡単にはいかない、可能性はほとんどないことをあらわす時もあります。

また、「ちょっと、そこの人」などと、人に呼びかけるときにも使用します。

「さすがに」と「ちょっと」の違い

どちらも、否定する文脈で使われることがあります。

誘いを断る時に、「今日はさすがに」や、「今日はちょっと」と言えば、行けないことを相手に伝えられます。

「さすがに」は、前提とするものや、常識、世間の評価などがあるのに対し、「ちょっと」は、特にありません。

「さすがに」と言って、誘いを断る場合は、相手にも分かってもらえる理由であることが多くなります。

また、「ちょっと」は、少しという意味で使います。

「さすがに」は、そうはいってもやはりという意味がありますが、「ちょっと」にはそのような意味はありません。

「さすがに」の例文

・『さすがに夜の海は怖いね』
・『いくら自分でも、さすがにこれは出来ません』
・『出来ると思ったけれど、さすがに無理だった』
・『さすがにもう帰らないと、妻に怒られます』

「ちょっと」の例文

・『ちょっとカフェまで行ってきます』
・『ちょっと待ってください』
・『他人の口座から、勝手にお金を引き出すのは、ちょっと無理だと思う』
・『ちょっとこの帽子をかぶってみて』

まとめ

「さすがに」「ちょっと」という言葉は、続けて使うこともあります。

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典