「しばしの休息」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「しばしの休息」

しばしの休息という表現は「しばしのきゅうそく」と読みます。

忙しい現代社会において使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

しばしの休息というのは体や心を休める時間、くつろぎの時間、あるいはしばしの休息を取るという言い方をしてくつろぐことや体や心を休める事を指す場合もあります。

「しばしの休息」の意味

しばしというのは少しの間、しばらく、という意味を指します。

そのためしばらくの休息という意味でしばしの休息という表現が使われるのです。

また、しばしにはある行動や状態を少しの間中断するという意味があるため、何か仕事や勉強で忙しい時、少し休憩を取る、忙しい間を縫って休む、という意味を表すためにしばしの休息といった言い方をします。

「しばしの休息」の言葉の使い方

しばしの休息というのは何か行っていることを中断し、少しだけ休みを取るという意味を指します。

しばしの休憩、しばしの休み、という表現も同じ意味を指しており、一般的には「しばし休息する」と言われることが多いです。

息抜きをすることによって疲れを癒し、仕事などの効率を良くするという役割があります。

そのため、ちょっと休んで頑張ろうという意味を表すときにしばしの休息という表現を使うのです。

「しばしの休息」を使った例文・短文(解釈)

それならばしばしの休息とはどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここではしばしの休息の例文をいくつか紹介します。

「しばしの休息」の例文1

「しばしの休息を取ろう」

みんなで何かプロジェクトなどに向けて努力をしている時、しばらくの間がんばり続けて皆が疲れてきたため、効率が悪くなってきた、ということもあるのではないでしょうか。

例えば一定の時間までに何かを覚えなければいけない場合、休むことなく努力をしてしまいがちです。

しかし体や心が疲れてしまうと効率が悪くなるだけですので、少しの間休憩し、体や心を癒すことが大切です。

それによって再び効率よく仕事をすることができます。

だからこそ、しばしの休息というのは必要なものだと言えるのです。

「しばしの休息」の例文2

「しばしの休息だと言いながら、あの人は休んでばかりじゃないか」

しばしの休息というのは、あくまでも少しの間だけ休憩を取るという意味です。

しかし、人によってはしばしの休息だと言いながら、休憩ばかりしている人もいるかもしれません。

そのようなものはしばしの休息とは言いません。

しばしの休息というのはあくまでも今やっていることを中断し、少しの間休憩するということを表すのです。

「しばしの休息」の例文3

「がんばってばかりではいけないよ、しばしの休息は大切なんだから」

人によっては、休憩することに罪悪感を覚える人も少なくありません。

とにかく仕事を終えなければいけない、などという責任感に満たされている人は休憩も取らずに努力をしてしまいがちなところがあります。

そのような場合は周りの人が声をかけることも大切だと言えるでしょう。

しばしの休息は悪いことではありません。

先ほども述べたように、効率を良くするためにもむしろ大切なのです。

「しばしの休息」の例文4

「プロジェクトにはしばしの休息も含めておいた方がいいかもね」

プロジェクトを成功させようと努力する時、皆が頑張ろうという気持ちを高めます。

しかし、もしもタイムスケジュールなどを組むのであれば、事前にしばしの休息の時間も含めておくと良いかもしれません。

もともとスケジュールに休憩時間を含んでおけば、罪悪感を覚えることもありませんし、ある人は少ししか休憩がないのに他の人は長い時間休憩している、などといった不平等が生じません。

事前にプロジェクトを行っている人の体調などに鑑みることも優しさの1つだと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典