スポンサーリンク

「しょうもない」と「しょうがない」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「しょうもない」と「しょうがない」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「しょうもない」「しょうがない」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「しょうもない」とは?

「しょうもない」というのはくだらないという意味の言葉になります。

「しょうもない」という言葉の使い方としてよくあるのが「しょうもない趣味だな」といった感じで使われます。

またくだらない以外の意味ではバカバカしいという意味でも使われたりもします。

ストレートにくだらないというよりは「しょうもない」という言い方をすることで本気で他人を罵倒するというよりは茶化したい時に使う言葉です。

「しょうがない」とは?

「しょうがない」というのは仕方がないという意味で使われる言葉になります。

ある結果になった時にこうなってしまっても仕方ないという時に「しょうがない」という言葉を使う事が多いです。

使い方としては「こんな結果になってしまったのはお前の努力が足りないからしょうがない」といった感じで使います。

なので「しょうがない」というのはある結果に対して仕方ないといって諦めるような時に使う言葉です。

「しょうもない」と「しょうがない」の違い

「しょうもない」「しょうがない」の違いは似たような言い回しの言葉ですが、その意味はかなり違います。

「しょうもない」というのはくだらないやバカバカしいという意味で使われますが、「しょうがない」はそういう意味では使われないです。

ある結果に対してそんな事どうしようもないといった意味で使われる言葉になります。

「しょうがない」はそれまでやってきた行いに対してもうどうしようもないという事を言いたい時に使う言葉です。

「しょうもない」はくだらないやバカバカしいという事を言いたい時に使う言葉ですが、そういう意味の言葉をそのまま言うのは避ける時に使う言葉になります。

「しょうもない」という言葉を使う時は比較的身近な人に対して何をバカなことをやっているのかというツッコミを入れるような場面で使う事が多いです。

なので、「しょうもない」「しょうがない」はたった1文字だけ違う言葉になりますがその意味は全然違ったものになります。

まとめ

「しょうもない」「しょうがない」という言葉はその意味がくだらないという意味とどうしようもないという意味の言葉になりますが、2つの言葉に共通しているのはどちらも本気で相手にきつい言葉を浴びせる気はないというものです。

そのままのストレートで相手に言ってしまったら喧嘩になるのが分かっているので敢えて柔らかい表現でやんわりと相手に対してツッコミを入れる時に使うという共通点があります。

それが「しょうもない」「しょうがない」という言葉になります。

なので、「しょうもない」「しょうがない」も本気で相手を怒らせるつもりがない時に使う事になります。

どちらかというとそこまで深刻に考えてない時に使う言葉になるので、言った本人も言われた方も笑ってその場を収めることが多くなります。

本気で相手にくだらないとかどうしようもないと言う場面では使わない言葉が「しょうもない」「しょうがない」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典