スポンサーリンク

「じゃがいも」と「馬鈴薯」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「じゃがいも」と「馬鈴薯」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「じゃがいも」「馬鈴薯」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「じゃがいも」とは?

ナス科ナス属の多年草です。

茎は肥大し、でんぷん質に富みます。

南アメリカのアンデス山脈が原産地とされており、諸説ありますが日本には1598年にオランダ人によって伝えられたといわれています。

「じゃがいも」は、土地が貧弱で寒冷な場所でも栽培することが可能です。

米や麦を栽培できない地域で「じゃがいも」が栽培されることが珍しくありません。

品種がさまざまあり、日本で一般的に出回っているものには、男爵薯、メークイン、キタアカリなどがあります。

品種によって、ホクホクしている、煮崩れしにくい、甘味が強いなどの特徴があります。

この作物は、さまざまなものに利用されています。

食用としては、煮物、焼き物、炒め物など、さまざまな料理に活用できます。

加工食品としては、ポテトチップスがあります。

でんぷんだけを利用したものとしては、かたくり粉があります。

本来はカタクリから作られるものなのですが、現在日本で出回っているものの多くは「じゃがいも」のでんぷんを利用したものです。

民間療法でも利用されており、すりおろしたものを患部に塗ります。

「じゃがいも」の使い方

ナス科ナス属の多年草で、茎が肥大したでんぷん質に富む塊りを指して使用する言葉です。

さまざまな品種がありますが、どれもこの言葉で呼ぶことができます。

スーパーに並んでいるものを指したり、レシピにこの作物が登場したりするときに使われます。

「馬鈴薯」とは?

じゃがいもの別名です。

馬につける鈴の形に似ていることから、この名がつけられたといわれています。

「薯」は芋のことです。

この植物はナス科ナス属の多年草です。

茎の部分が肥大し、そこにはでんぷん質が蓄えられています。

この部分を食用や加工品などに利用します。

男爵薯、メークイン、きたあかり、インカのめざめなど、さまざまな品種があります。

「馬鈴薯」の使い方

「馬鈴薯でんぷん」など、他の語とともに使われることが多いです。

「じゃがいも」と「馬鈴薯」の違い

どちらの言葉も同じものを指しています。

ナス科ナス属の多年草です。

地下茎が肥大したところをこの名で呼んでいます。

同じものを指しているのですが、言葉の使い方に違いがあり、「馬鈴薯」はここから取れるでんぷんを指して「馬鈴薯でんぷん」の形で使われることが多いです。

「じゃがいも」の例文

・『じゃがいもをゆでる』
・『今日もまたじゃがいもが夕飯に出てきた』
・『じゃがいもの入っていないカレー』
・『じゃがいも入りの味噌汁』

「馬鈴薯」の例文

・『馬鈴薯を栽培する』
・『広い畑に馬鈴薯が植えられている』
・『北海道産の馬鈴薯を100%使用しています』
・『何種類もの馬鈴薯を栽培しています』

まとめ

2つの言葉は同じ植物を指しています。

違いは使われ方で、一般的に使われているのは「じゃがいも」の呼び名です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典